スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

披露宴に逝き隊メンバーで参加してみた(2)

さて、いよいよ、山梨に移動して~ですが
式場の担当者との根回しは寝落ちがきっちり行っていてくれたので
事前確認なんかはスムーズに進みました
ですので、飲みすぎるほど安心してワインを楽しめた訳です
#寝落ちありがとー^^b

当日17日、かなーり飲みすぎで体調が悪かったのですが
何とかお昼ごろには持ち直す
とりあえず結婚式に参加する逝き隊メンバーと合流するべく
駅前のタリーズで、日記を書きながら待ってたところ
寝落ちから「事故で電車が止まり再開のめどはついてない」とか連絡…
聞けば朝方の電車も地震の影響で遅延した上でのこととか
高速バスの場合に発生する渋滞リスクを警戒して、電車を選択したらこの罠ですか
相変わらずネタの神に愛されてるな…と思いつつ
連絡のつかないメンバーに電話してみると
「お客様のおかけになった電話番号は(ry」ちょまっっ!!
この直前で連絡がつかないって…(=▲=;;マジカイ…
まぁ、子供じゃないし
12時ごろに甲府にって随分前に言ってたから平気だろうと。
その後本人から何があったのか理由を聞けましたが
氏ねと思ったね…
書きたくないので本人に直接聞いてください…


結局、みな甲府で無事に合流、いつもの様に小作でお昼ごはん
この日、マキビと国分寺さんは礼服(?)で甲府に来ていたので
小作のおばちゃん曰く「や○ざかと思ったわよー」とか
うーん、葉巻吸ってマフィアちっくだしあながち間違えでも無いかもー
「面接に来ました」と返すマキビ、流石だわ^^;

その後、ホテルにチェックインできる時間までデニーズで時間つぶし
知らなかったのですが、この時間帯で
妖子姉は武田神社で式を挙げていたそうです
知ってれば突撃できたのに…あ、アイテム(のぼり)が無いか…

この日に泊まったのは、駅前のホテル内藤
チェックインは16時~なのですが、寝落ち聞いてみたところアーリーチェックイン(?)が
追加料金無しで可能との事だったので、15時に入って
手荷物を置いて、着替えてからベルクラッシックに向かいます

披露宴は17時開始なので、16時~準備とかをという話だったのですが
ついた時には、前のイベントの片づけが終わってないとかで、しばらくロビーで待機
したらば、武田神社から帰ってきた和服姿の妖子姉が入ってくるところを目撃
ダンボールに潜んで追尾を…と思ったけど、そんな物は準備してないのであきらめる。

で、会場に入って準備です、青年会議所の方々がリハーサルしてましたけど
そちらを見ている余裕なんてありゃしません
のぼりの組み立てや、樽の準備を進めないといけないのですが、色々問題が発生
マップマン用ののぼりが取り付けられないとか、樽に蓋が載らないとか
鏡割りまでは布で樽を隠すつもりが、こぼれたりする危険があるのでやめたほうがいいとか
樽の設置位置とか、当初の予定とは違った所が続出、そんな準備組みと別に
寝落ちは進行役の方と打ち合わせをしたりと、おおわらわでしたね。

マップマン用ののぼりが取り付けられなかったのは
発注のときにチチの取り付け方を間違っていたとか何とか
これは、余っていた取り付け部品を加工して対処する。

樽に蓋が載らなかったのは、蓋を完全に分解してしまったからです
納品時の状態~ダボで接続で一枚の板になっていれば、平気だったのですが
前日の確認の際に、そこら辺が良く判ってなくて、ダボを壊しちゃったんですよね
#壊したのおいらじゃないよ…
仕方ないので、樽の上にサランラップを敷き、その上に蓋を載せるようにしました
まぁ近くで見ないと判らないので、大丈夫でしょうと。

酒樽を隠す件は、孫子のタペストリーを前にかける感じで対処することに
タペストリーものぼりも同じ、長さ調整の出来るポールだったので何とかなりましたね
鏡割り直前に、ポールの長さを戻せばOKでしょう。

披露宴

荷物が届いたところと、設置が終わったところ

のぼりを左右に配置して、真ん中の樽は、孫子のタペストリーで隠しています
布が薄い物なので、近くでみると樽が透けて見えるのですが
まぁ、多くは望めません、簡単に流れの打ち合わせをしてから
受付に、鬼蔵さんとてっちゃんさんが受付してましたね
してみたら、国分寺さんがどなたかと話しこまれている模様…
聞いて見たら元同じ職場の方とか…世間はマジ狭いな(^^;

戻ってみて改めてみると一部分が明らかに異彩を放っている…
まぁ、これ以上考えてもという事ですわー
寝落ちはスピーチがあるのでガチガチに固まってましたけど(^^;;

で披露宴が始まって、刻々と我々の出番も近づいてくるのですが
直前の友人代表のスピーチでは、みな和やか雰囲気で
寝落ちもこれなら大丈夫かも?って落ち着いたようなのですが
「逝き隊の皆様による~」とかアナウンスが( ̄□ ̄;;エー
しかも本名で呼ばれちゃって動揺する
おまけに武田節のBGMまで…
妖子姉、流石だ…
ちなみに、それまでの和やか雰囲気だったのが
一気に静まり返ったのは言うまでもありません。

もー笑うしかないプレッシャーの中
カメラマンの国分寺サンは即行離れてカメラを構えてました、流石の回避能力

本番では色々とトラブルというか、予想してない事態が発生しました…
リハーサルってやっぱし重要ですね
まぁ無事に終わったから良しとしましょうかー
とりあえず、笑いが取れたのと、評判が良かったのが何よりです

自分たちでハードルを高くしている気がする
何のハードルかは知らないですけど…

皆さんが楽しんでいただけたようなのが何よりですね^^b

皆さん酒好きの様で、鏡割り直後からグラス持って並んでいただけました
お酒を配るスタイルは、各自が樽まできて柄杓で注ぐという形式です
我々は、時折残り量を見て、少なくなったら樽に継ぎ足すって感じですね。
鏡割り時に三升入れていましたが、即少なくなったので追加したりと
結構な量が出ました、12升用意したのですが、飲まれた量としては7升ですね
封を切らなかったのが2升で、残りは全部樽にあけていました。
残ったお酒は瓶に詰めなおして皆で飲むことに
封を切らなかったのは、妖子姉にプレゼントです。

式は色々な余興があって、華やかで大変楽しかったです
全体的に急ぎ足って感じはしましたが、余興の数や人数的な物もあって~なんでしょね
とりあえず、妖子姉が呑んで歌って踊ってスピーチも完璧という
完璧超人ぶりを発揮していたのが印象的でしたw

式の間、マキビさんは国分寺さんと一緒に写真とりに行ってました
何をそんなに撮ってるのかと思ったら、可愛い女性を撮ってたとか何とか…
ゆっきーは妖子姉ご指定で、来れなくなった人の料理分を食べてました
(結局自分のもいれて二人前、妖子姉からのリクエスト)
ステーキとか結構重くて大変そうでしたけど、完食したのは流石です

おいらとゆっきーはお酒の管理とか、大杯に酒入れて妖子姉飲ませたりとか
寝落ちは妖子姉の親御さんに挨拶したら、噂の妹の目力に敗北
挨拶に来ないなーと思ってたら、その様子を激写している国分寺さん…

なんだかんだと色々有りました、楽しい時間は終わって後片付けしてから
式場の入り口で、挨拶してお酒を渡してから
こどのんと甲府駅で合流して、飲むことに
甲府駅前の鰻屋に落ち着いて呑みに~暫くしたら妖子姉が奥さんと一緒に到着
披露宴の写真見ながら話に盛り上がってました
「お金かけすぎ!」とか「この人お母さんだよ」とか色々^^;;
2次会はしないとか言ってたけど、
皆様甲府駅周辺で集まってたみたいで、この後もあちこち回ってたようでした。

当日は結局0時ごろまで飲んだクレー
まぁおいらは途中でいつもの様に沈没してました

その後ホテルに帰って、お酢になった葡萄ジュースを呑みながら
日記の下書きを書きながら沈没、ながい一日だった
スポンサーサイト

コメント

チョイ違う

マップマン用ののぼりに関しては、横棒を逆側から取り付けようとしていたのが問題でした。。。。
外側に行くほど穴が狭くなるのは仕様っぽぃですよ。

Re: チョイ違う

>寝落ちマン
おーそういう事か、了解です

> マップマン用ののぼりに関しては、横棒を逆側から取り付けようとしていたのが問題でした。。。。
> 外側に行くほど穴が狭くなるのは仕様っぽぃですよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ezanp145.blog5.fc2.com/tb.php/161-39cf6374

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。