スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅草どぶろく祭り

蕎麦オフの余韻抜けきらぬ11月23日は浅草であったどぶろくイベントに行ってきました
寝落ちと夕方に浅草で待ち合わせ、なしぇるは体調を崩したとかで欠席
おかしいな、彼、22日仕事休んでるはずなのに?

19時開始ということなので、夕方ごろ雷門で待ち合わせ
ちょっと遅れて到着
んで、その頃の寝落ちの興味の先は「もんじゃまん」に向いてました
聞いたとき、もんじゃマン?新しい特撮観光アピールか?とか思ったら
中華まんのもんじゃバージョンね、時間も時間なので
販売してなさそうなのでアタックしてないとか。

そんなこんなで、浅草の大枡に向います。

で、イベント開始まで店内のお酒を物色
したらば寝落ちの友人も来られたので
合流して席で開始時間を待ちます。
どぶろく~と聞いていたので、色んなどぶろくが出てくるのかと思いきや
十二六がメインとの事で、俺に良し^^

どぶろく祭り

乾杯のお酒は、きれいなピンクの十二六
どぶろくの甘さと、葡萄のほのかな味と炭酸がいい感じを出してます
赤い麹とか赤米で作ってるのかなと思ったら
十二六にボージョレーヌーボーを合わせたものという事でした

蔵元の社長さんに聞いたところ、赤い色を日本酒で出すのは難しいとの事
この飲み方はたまたまあったヌーボーで試してみたら美味しかったので~って事で
ボージョレーヌーボーの様なフレッシュ感のある
お酒だから良い感じに合ったのではないかという話
ちなみに割合は6:1位でワインはかなり少なめで~調整していたとか
実際は味を見ながらワインの量を調整したらしい
まぁ、ワインも年によって味が変わりますからね~

また社長さんのお話では、浅草はいちばん十二六が売れている地域とか
確かに一文に行ったときはメニューにあったので十二六しか頼みませんでしたが
他所の飲み屋では中々見かけませんね
大枡さんが入れてるからなのか、季節的なものなのか、はて?
ちなみに、家の近所の酒屋では入荷しても
大体売り切れてしまっていて、なかなか買えないんですよね(==;
どぶろくは色んな蔵で出してるけど、
甘みと酸味のバランスでは十二六が一番好きかな~
家では母親もこれなら呑めるってんで、正月には必ず買ってるんです。

そのほかは、米米酒、牧水生もと純米、御園竹旨口を頂きました
米米酒は米エキスの働きで胃に良いとか呑めば飲むほどいいのカナ?
健康のためにもっと呑まないとね^^

御園竹旨口はちょっと辛めですっきりしたのみ心地
米米酒が結構甘い感じなので、間に入れるのに良かった
十二六も甘めと言えば甘いほうですしね。

十二六の瓶を2本開けて最終的にはペットボトルになったのですが
流石に量は飲めないです、おなかが膨れる感じ
〆に緑の和スイーツ仕立てのどぶろくを頂いて閉会となりました。

結構呑んだのですが、どぶろくの場合は翌日に酷いことにならないのが良いですね~
もっとも米をそれだけ食べたってことになるのでダイエット的にはヤバイらしい
糖分的な話で、低炭水化物ダイエットとかありましたね
だったら消費すれば~って事で翌日はジムに行きましたとさ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ezanp145.blog5.fc2.com/tb.php/139-0e68f2ce

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。