スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年鮎旅行(1)

10月11,12日は恒例の鮎OFFでした
今年で何回目だ?ずいぶん長く続いてます
長篠古戦場からここまで続くとは思いませんでしたね
まぁ、これもネオ智先生のチョイスと
エロ隊長の行動力のたわものでしょうか~
んで、今年は去年までとは一新して久慈川を目指します
関東の上側なので、いつもの様に甲府集合が使えないので移動方法に(皆が)苦慮してましたが
結局、東京ブロック、山梨ブロック、スペシャルサンクスって感じになり、
最終的には車4台に分乗する感じです。

今年はほとんど雨が振らなかった事もあって
滝とかダムとか見に行くのに、水量が少ないと残念だよね~という事なのか
ネオ智が「三大瀑布に名を連ねるので見てみたかったのですよね~
前々日台風来ないかなぁ~ 」

などと思わせぶりな台詞を書き込んだところ
呼びやがった…2010年09号 (Malou/マーロウ)…流石過ぎる…
台風チャンネルで台風の移動経路を見てみてください
普通、そのまま日本海で温帯低気圧に変わるだろーって所を
見事に関東に引き寄せています^^;

台風の過ぎ去った後は、秋のように清清しい風が吹いたものですが
旅行当日は、また夏の暑さが戻ってきたり
秋って何処にいるんでしょうかね~(==;;
いろいろと諸事情とトラブルがあって、山梨組がアサヒビール前通過したあたりで
柏をレンタカーで出発
で、いきなりネオ智のETCカードが読めないというトラブル発生
いったいどんな結末が待っているのやら(==;;;

なしぇるの運転で「道の駅さとみ」を目指します
皆は常陸大田ICで降りて394号線を北上したようですが
ネオ智が面白い道を走りたい!って事で、高萩ICで下車して461号線で
峠超えコースで向かいます
でも、運転してるのなしぇるなんですけどね^^
一部に狭いところもありましたが、大体対向2車線でいける所もありましたし
急な曲がり角なんかもさほど多くなく、バイクで走りたかったです。
で、集合時間にちょっと遅れて到着
マキビんと国分寺さんはすでに到着しており
自分たちとほぼ同じで酔子姉隊も到着、で追い抜かれるかと戦々恐々だった
青い稲妻こと提督一行が最後でした
なんでも渋滞に嵌まりまくったとか~そいえば途中でトラックがバーストか何かして
路肩に止めてましたっけ、その影響かなと。

合流したところで、竜神大吊橋を目指します
道の駅から近かったり、第2駐車場から暑い中
上ったところこんな感じでした。
吊橋っていうから、もっと小さなものかと思っていましたが
揺れたりしない、道幅もかなりあるし、かなりがっちりとした物です
これなら高所恐怖症の人も…

竜神大吊橋
右:第一駐車場側から
中:橋を渡った側から
左:負けた方々

だめだった様です(==;;;;
で、橋を渡ったところには二人で押せば
幸せがどうのこうのとかいう鐘があるのですが
これ有料なのな!
野郎ばっかの旅でだれがやる物かと…
ぐぐって見たらいろいろ動画が出てきました
失敗するとさびしいですね。。。
ちなみに湖畔まで下りれるルートもあるみたいなのですが
真夏日の中、そんなことする気も無く、アイスに癒されてました^^;

ダム側がら見上げるのも考えていたようなのですが
お昼の時間が近かったので、昼ごはんを求めて移動~
提督の車が先頭だったのですが
カーブで消えます…
ええ、追いつける見込みは無いですね~さすが青い稲妻…

でお昼は弥満喜に行ってきました
しゃも料理が有名とか何とか、で全員、上親子丼を注文^^;
まぁわかりやすいこと

弥満喜

親子丼ですが、モツも入っており
鶏肉のいろんな部位を楽しめてとてもおいしかったです
レバーなんか塊で入ってましたね、とにかく肉の味がしっかりしてて良い
つららんや隊長は塩焼きを追加で頼んだり、てんぷらを頼んだりと
いろいろと楽しめました
コップみたいな容器にはスープが入っていたのですが
これはお代わりがほしかったな~
刺身こんにゃくは、やわらかい感じでこれも良かったです。

#食べログ見てると注文してから出てくるのが~ってのありますね
確かにそんな気もしないこともない、
大人数(11人)だったからってのも有ると思うのですが
全員に料理がいきわたるまで時間が結構かかってました
料理場のキャパシティーが小さいのか知らん?

おなかがくちくなった後は腹ごなしに袋田の滝に向かいます
滝近くの駐車場は満車に近かったので、それそれ別々のところに駐車してから
暑い中、滝を目指します
秋はどこに…って感じでしたね
しかも上り坂とか、マキビが即効であきらめたのはいつも通りでしたが
正直なところ、ちょっと挫けそうでした
それでも、滝までの間のトンネルのなかが思いのほか涼しく気持ちよかったのが救いです
入場料300円の価値はある!ってところでしょうか
肝心の滝ですが、この雨の少なかった季節のせいか水量が微妙でしたか
でもかなり近くで見れるので迫力はありましたね
写真で撮るとなると近くでは全体が入らず、
離れると手すりとかが入って微妙な絵に
なかなか難しいところです

袋田の滝
左;袋田の滝トンネル
中:昔の観瀑台から
左;新しい観瀑台~第3デッキから

滝を上から見下ろせる展望台(観瀑台って言うらしい)もあるのですが
ちょっと滝から離れてるので微妙かな?
望遠レンズとかで撮るには良いのかもしれませんが携帯だと微妙~
風が吹いてれば心地よさそうな空間なんですが
なんせ、直射日光が暑いι(´Д`υ)アツィー
涼しいトンネルに避難したのは言うまでも無いことです

途中つり橋があって、思った以上のゆれであたふたしたり
ゆっきーが行方不明になったりしましたが
その後は近くのホテル、思い出浪漫館に向かいます
というか、歩いては…難しいですが、それぐらい近いところにあるホテルです
ドアマンがいて荷物とか持ってくれたりするそんなホテル
車中泊とか無人駅とか健康ランドがデフォなおいらとしては
最近の宿泊場所のインフレにガクブルです^^;;

長くなったので分けます
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ezanp145.blog5.fc2.com/tb.php/118-ea91e7d2

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。