スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 夏旅行(3)

10/4
まだ、日の昇ってないなか、朝風呂で体を温めて出発です
とりあえず、防府東入り口から高速に乗って一回目の給油ポイントの下松SA(上り)で一休み
朝食がまだだったので、一押しのバリッ太そばを注文したところ
あまりのボリュームに敗北する…orz
固焼きそばって、控えめな分量のイメージだったんですが…どーんと大盛りとか…
美味しいんですけどね(==;;

2012夏旅行12

その後は、約200キロ毎に給油pr休憩を繰り返しながら四国を目指しますが
瀬戸大橋に着くころにはヘロヘロになりましたわ、
パンダが結構走ってまして…知らない道だし、覆面とかもソコソコ…
安全走行を心がけた&休憩回数が多かったという事もあって
大橋に着いたときは12時を回っていました

で、瀬戸大橋ですが怖かったですw
かなり高い所に橋が架かっているのですが、壁が無いので瀬戸内海が見渡せます
とってもいい景色なのですけど…
風を遮る物も無いので、かなり怖いんですわ(^_^;;
瀬戸内海は穏やかと聞きますから、これでもいいのかもしれないですけど
この日も良く晴れて、風はあまり吹いていなかったのですが
それでも時折、風に流される感じがあって怖かったです

与島SAで休憩、何かお土産ないかなと思ったら四国萌ぇ隊が出迎えてくれましたwww

2012夏旅行13

折角だから、各キャラのお土産でもと思ったのですが、どうも無いようです
わかってないなぁ…キーホルダーとか、ミニポスターとかでも作れば良いのに
お腹もすいたので、架け橋夢うどんでお昼ご飯
頼んだのは、みかん卵を使った釜玉うどん(写真は撮り忘れました)
うどんは~麺は今ひとつでしたけど、卵が美味しかったので良し^^b
で、このお店ですが四国萌ぇ隊の巨大タペストリーが周囲に吊ってあって
ある意味異様な雰囲気…なのですが、普通に馴染んでる自分が怖い
ここは秋葉原ではないのだ

2012夏旅行14

その後は、橋を越えて善通寺で高速を降りる
普通寺とずっと勘違いしていて、ここで間違いに気が付くと言うボケっぷり
事前にしらべたうどん屋を目指しますが、時間帯が悪いのか
ほとんど閉まっておりまして…行けた所は善通寺市与北町 「山下うどん」 のみ…orz
ここのうどんは美味しくて、わざわざ来た甲斐がありました
暑かったので頼んだのは、つめたいぶっかけうどん
麺のこしも、出汁もいい感じ、レモンの香りもこの日の気温ともあってとても美味しかったです
お腹がいい感じになったら、金毘羅神社を目指します
参堂入り口にあったお土産屋にバイクを止めて、頂上を目指す訳ですが~
噂に違わぬ階段の長さですw
ちなみに、お土産屋さんのおばちゃん曰く奥社の天狗は良縁に恵まれるご利益のあるパワースポットだよ
とかお参りしてから数年で結婚できたという話がいっぱいとか良い話を聞く
これは、気合を入れて上りきる必要がありますねw
延々続く参堂の、階段左右に土産屋が連なってるという光景が凄いわ
まぁ、帰りに何を買うかを考えながら上る訳です
とりあえず、休憩を挟むとやばそうだったので、休憩とか無しで本宮まで一気に上りました
途中に色々と面白そうなものがあったのですがスルー
本宮でも止まらずに、そのまま奥社を目指します
それでも最後の方はかなりグロッキーだったのです、それでも何とか奥社まで辿り着きましたわ
奥社からの景色はよかったです、パワースポットという天狗も参拝してからのんびり下り~

2012夏旅行15

かなり急ぎ足で回ったのですが、結局2時間ちょっと位とられたのかな?
予定では、引田まで足を伸ばしたかったのですが、
時間帯的に厳しいので、仕方なく参道のうどん屋に入って敗北する…orz
むぎまるの方が美味しいわ…
色々と打ち拉がれて今日の宿を目指します
途中のSAで自酒でも補給できればと思ったのですが
高速道路のSA,PAではアルコール類の販売をして無かったですね
なにか規制などがあるのだろうか?
#飲酒運転の防止?まさかね?

今日も6時前に宿に到着、この日の宿はクアパーク津田です
HPに有ったウォータースライダーに惹かれたのですけど…
とりあえず、お風呂に入ってから夕食~
お風呂は、普通のお風呂です
自分的にはサウナと水風呂があるので良しとします
前日にかなり使い込んでいるので、今日の料理は普通(?)ですね
まったく普通で特に書くことが無いw
あえて言うなら、色々と残念な感じはします

2012夏旅行16

食後は、併設されているスポーツジム(?)クアタラソに入浴に行くが、HPとは随分違う感じです
というかウォータースライダーが止まってました…
滑る事は出来るのですが、水が流れてないので、ただの滑り台…orz
そのほかのお風呂も、地元の爺様、婆様に占拠されていて…
まぁ、田舎ゆえに、平日ゆえに仕方のないことなのだろうなぁと…

海水露天風呂は良かったな日焼けにしみましたけど
ただ、もう少し広い湯船だったら良かった(=△=;
仕方が無いので、自販機でビールを数本買って部屋に引きこもりましたwww
色々と残念な宿でしたが、部屋は良かった
海辺で砂浜に面しているので、窓全開にして海風と潮騒を摘みに飲むビールは良かったです
気温的にも、窓全開で問題ないぐらいの穏やかさ

10/5
翌朝、この日は時間的には余裕を持っているので
のんびり準備して、徳島港を目指して出発
10時までに港についていないと東京に帰れないのですが
寄り道する程度の余裕はあります、ですから船の中で飲む為のお酒を確保すべく
第9の里に寄ります、ここで四合瓶を2本ほど~
すだち酒とうずの華内 吟醸を確保
ここも色々と面白そうだったのですが、港に行く時間も迫ってるので
買い物だけして退散です(ソーセージ食べたかったな)
その甲斐もあって、港にはかなり余裕を持って到着
手続きを済ませてから、隼に乗っていたライダーのおじさんと話しをしながら乗船を待つ

帰りの便は、スタンダードフェリーなので、大広間ですね
ええ、2等船室です
とりあえず、広場で寝場所の確保をして、お風呂で部屋着に着替えて、食堂でお昼ごはん
スタンダードフェリーは食堂があるのですが、メニューはそれほど多くはありません
うどんかカレーか、まぁそんなものです
隼のおじさんから聞いた限りでは、かなり良心的な値段設定とのこと
北海道行きのフェリーはかなりボッタクリな値段だとか何とか…
確かに自販機の値段もそれほど高くは無いです
てっきりこんなものかと持っていたのですが、フェリー会社によって随分違うらしい
北海道にツーリング行くときは注意せねば…
#ビールとかもそんなに高くなくて、普通感覚で買えるのです(値段は忘れたw)

食事後は、いい天気なので甲板で甲羅干ししながら
まだ読んでなかったスワロウテイル序章を読む
夕方は夕日を見ながら一杯ですね^^b
やっぱり、航海中の夕日は良いですね~
うずの華内ですが、麹の使い方が東側と違うのか
普段飲んでる酒とは風味が違う(?)良く判らない違和感に戸惑う
美味しいのだけど、何だろうね?飲みなれない感じが…
それとは別に、この日も曇り空だったので星空は期待できなかったです。

2012夏旅行17

暗くなったので、船室に戻って他のライダーの方と一緒に飲みながら談笑
個室も良いけど大広間はこういった楽しみがあるから良いわ
四国から、東北にキャンプに行くハーレーの方とかと話をしたら
ハーレーをぼろくそに言っていて笑えたwそこまで酷いのかとww
#好きだから乗ってるのが判るのですが言い方が面白かった
すだち酒は普通に漬け込み酒、美味しいですけどね
もう一本買っとくべきだったかなと、ちょっと反省

10/6
翌朝、6時ごろに東京到着
遅くまで一緒に飲んでいた方々とお別れして、早朝の空いている道を帰る
帰り道も特にトラブル無く無事に帰宅
この日は、上諏訪飲み歩きが行われているので、
そのまま長野に行くべく準備できたら、即、出発な訳です
時間的には高速バスの出発時間(8時)に間に合いそうだったのですが
余裕を見てあずさを使用、まぁあわただしい事です…

んで、旅行中も結構お金使ってるな~と自覚してたのですが
終わってから計算したら、10万までは行かないものの…それに近い金額ががががががが
こんな機会で無いと西日本に行く事もないしねぇ(==;
しかし、マキビを笑えんという惨状ですわー
旅行期間が7日間と言う事を考えたら…でもおいらの財布では厳しいわ…
来年は圧縮しよう…
無理な気もするけど…(=▲=;;

主な経費(昼ごはん、酒、お土産を除く):83,069
内訳
 ガソリン代 : 4,899
 宿代
  あいお荘 :14,290
  クアパーク津田 : 8,600
 フェリー
  行き :26,330
  帰り :18,500
 高速代 :10,450

宿代を1万ほど削れたかな。。。。
スポンサーサイト

2012 夏旅行(2)

10/3
朝、さすがに南国とはいえ寒いですね
もっとも、寒いと言っても半袖でも大丈夫なレベル
とりあえず関門海峡を越える~関門橋を目指したのですが
道に迷って和布神社に迷い込む
折角なので旅の安全を祈る
この神社、海の目の前にあって船着場(?)が有ったりします
船着場に降りてみたところ、海峡の潮の流れがかなり速いのが判りました
船から落ちたりしたらやばそうな感じ…
壇ノ浦合戦で潮の流れが勝敗を分けたってのも判るような

その後、橋を越えて山口入り~
魚市場で朝食を~と思って唐戸市場に向かったのですが
残念ながらこの日は休場で、どのお店も当然やってませんwww
河豚を食べれないか…とショックを受ける(=▲=;;
位置が付近で、営業しているお店は、コンビニと駅そば屋みたいなお店のみ
仕方ないのでコンビニで水を補給してから
いかにも昭和の香りのするお店で食べることにする
何というか某犬監督の映画で立ち食い師とかが出てきそうな感じの店です
ここまで来て蕎麦かぁ~と思ったら、ちゃんぽんも有るという事なので注文する
#写真はショックのため撮り忘れる
出来上がるのを待っていたら、
お客(近所の方々と思われ)おばちゃんとかおじさんが数名こられて一気に満席状態に^^;;
ほかの客と店主(おばちゃん)とのお話で、このスープはお手製とか何とか
あっさり目で朝食にはちょうど良かったです。

その後は、朝の渋滞に捕まる前に市街地を抜るべく移動
途中で秋田商会ビルを発見、屋上庭園で有名な建物なのですが
ここに有ったのかと、ちょっと止まって写真を撮る
もっとも、時間的に見学とかは出来ないので外から眺めるだけ~良い建物だなぁ~

2012夏旅行3

その後は国道191号線で本州最西端を目指します
市街地はかなり車が多くて、速度が稼げない感じ…まぁ車社会でしょうし仕方なし
海沿い出たあたりでは、かなり車も減って、景色も良くなりかなり快適^^
最西端の毘沙ノ鼻に行こうとして、
曲がる道を間違えたら海上自衛隊の基地を見つける

ちなみにおいらの地図は2006年度版のツーリングマップル、
古い上にちょっとサイズが小さいので、
ちょっとした道は乗ってないのでかなりの確立で迷います(言い訳)

毘沙ノ鼻入り口の駐車場になんとか着いたけど、まぁ見事に何も無い、誰もいない
岬までの道は、蜘蛛のだらけの上にスズメバチに襲われたりと中々にスリリングでしたw
岬からの眺めは良かったですね~
しばらくボンヤリ眺めていたらツーリングに来ている方が来られて
しばらくお話、やっぱり目的地は角島とか
ここまで来たら行くところって決まってますよねー^_^

2012夏旅行4

ここら辺は歴史があるためか、色々と観光スポットは多い様です
事前にあまり調べてなかったの知らなかったですけど
神功皇后が出兵したところとか、色々と伝説のある土地柄のようです
まぁ見て回りはしなかったのですけど
ガイドブック見ながら回るととかしたら軽く数日は潰れそう
岬で会った彼は県道245線で山道に、おいらは国道に戻って大仏見学だったので
角島で会いましょうと言って別れる

大仏って言われると、鎌倉の大仏のように金属性のものなのかなと思って居たのですが
着いたお寺は、ぱっと見は普通のお寺…
大仏はどこにあるのかなと思ったら、実際の大仏は木製でした^^;;
随分と年代を感じさせる仏像でしたね、事前のイメージと随分違って驚きましたわ
当然、では有りますが、それほど大きな訳ではないです
でも大仏が鎮座している建物は面白い作りでした
寺っぽくは無いんですけど、大仏様が入るには良い感じ。

その後、海沿いを走っていたら、見覚えのある岩があったので、見てみたら
正月とかにニュースでよく見かける夫婦岩が有ったので、写真を撮りに海岸まで降りる
直前の台風のせいで、漂着物がかなりひどい事になっていましたが
海は綺麗でした、なんというか関東とは色が違うのね
ちょうど釣りをしていたおじさんから、角島の撮影ポイントの情報をゲットする

2012夏旅行5

国道沿いには博物館とか色々と興味を引くものが多かったのですが
時計を見ながら全てスルー…見たいところ全部に行っていたら、今日中に宿に着けないです…

んで、角島の手前に到着w
おじさんから教わった撮影ポイントは直ぐ判りましたね

2012夏旅行6

うん、よくネットとかで見る絵が撮れました
その後、ほかのポイントとかで撮影していたら
毘沙ノ鼻で会った彼と合流出来たので一緒に橋を渡る事に
いや、本当にいい橋ですわ、海の上を走っている感じが素晴らしいです
これは実際に走らないと判らないですねぇ…

橋を渡った先の駐車場で情報交換
聞けば彼はこの後、鳥取まで行くとか…
下道で行くにはかなり厳しい距離です、そのために角島観光は飛ばして、先に進むとか…
リッターバイクでも鳥取はきついだろうなと思いながら別れました

2012夏旅行7

おいらはその後は角島観光~といっても灯台見てからお昼ご飯食べるぐらいですけど
灯台はかなりいい感じです、燈台守って仕事もあるんだなー
浮世離れして仙人チックなイメージですけど、実際は当時の最先端に近い職業だったのかな?
んで、折角なので海辺の神社に参拝に行く
周りの感じや自然石で作った社とか、本州というより沖縄のイメージが近いかな^^b

その後、海岸を散策していたのですが、本当に某半島由来の漂着物多いのね…
太平洋側では判らないわな…実際をみると中々に…まぁ…
当然、日本由来の物もあるんですけどねぇ
ゴミを除けばものすごく良い所でした~

2012夏旅行8

お昼ごはんは、烏賊の刺身が食べれる所に~ということでおおはま
刺身だけだと少ないかなと思い、海鮮丼も注文
というかセットメニューより烏賊の刺身単品の方が値段高いとか何故に…
んで、出てきたのが、こんな烏賊のフルコースwww

2012夏旅行9
2012夏旅行10

烏賊多すぎwwwwwww食べきれないwwwwwwwwwww
苦闘数分…蕎麦のゴジラ盛が小さく見える強敵でしたわ…

刺身はマジで美味しかったですが、
ちょっと硬い~まぁ新鮮だからですけど
茹でた物も悪くないですけど
天麩羅の方が甘みがでて美味しいように思われ
刺身は、生姜で食べたかったかも~
とにかく、後半は味より
食べきることが主眼のフードファイト…止めとけばよかった…orz

お腹が重い中、お土産購入に行ったところは定休日でお休みw
今日はこんなのばっかりだな思いつつ、奥にあった角島総本家というお店に行く
ここでは「とっても粒うに」という半生(?)っぽい雲丹をゲット
#店頭のみの限定商品らしい
お店の人いわく、日持ちがする物なのでツーリングでも大丈夫ですよとのことで購入
実際食べ見たところ、実に濃い味でご飯と一緒に食べたいと思いました
これは、飲み歩き用のつまみとして確保です。

その後、萩を目指して国道191号線をひた走る
途中途中でみえる海辺の景色が、素晴らしかったですが
あまり寄り道も出来ないので、トイレ休憩位のみで走り続けます
道路標識に沿って走っていたら、いきなり高速道路(?)に入ってしまって焦る
どうも最作られた道路のようで萩まで一気に行けて大いに助かる

萩の道の駅でお土産を物色していたら天候が悪くなってきたので
大急ぎで秋吉台を目指したのですが間に合わずに、雨に降られる羽目に…
それほどキツイ雨足ではなかったので、雨具は出さないで走っていたのですが
曲がる道を間違えてしまい、県道36号線に入ってしまう
な訳でカルストロードは走れませんでした…orz
おまけに、秋吉台までに結構時間がかかってしまったので
鍾乳洞見学にもあまり時間が使えない
仕方ないので、秋芳洞入り口のお土産屋に駐車して、急ぎ足で鍾乳洞に向かう
軽く見て廻るぐらいしか時間的に出来ないかな~と思ったら閉館時間直前だったwww
滑り込みセーフで、中に入れたのでとりあえず一周する事に
まきびが、秋芳洞行って鍾乳洞に嵌ったって言っていたのが良くわかりますね
スケール感がでかすぎて笑えます、ドラゴンは何処にいるのかな~って感じw

早足で鍾乳洞を往復、ここから宿まで一気に移動のために
喫茶店で買った夏みかんソフトを食べながらルート確認
6時には着ける様に急ぎ足で移動したので、日が暮れる前に宿に到着しました
今日の宿は「あいお荘」ここからだと山陽自動車道に近く
明日の移動に便利~露天風呂が良さそう、海老料理美味しそうって理由で決めましたw
国民宿舎の晩御飯は7:30にはラストオーダーになるので
軽く汗を流してから食事です
たまにはちょっと高いのも~という事で張ってみましたw
海老美味しいよ~^^b
刺身も美味しいけど、火が通ってる方が甘さが出て美味しいね
お酒は自酒なのかな?普通酒っぽいのをグラスで2杯ほど貰う
一日中走って疲れてたのか、2杯でダウンw

2012夏旅行11
#このほかにエビフライとか塩焼きが出ました、ほんと海老尽くしです

夜中に起き出して、露天風呂でビールと洒落こむ^^
灯台の光を見ながら良いなぁ~

2012 夏旅行(1)

すっかり、いまさら感が有るのですけど、今年の夏休みは西国に行って来ました
親が山口に出張してまして良い所だから遊びに来たら?と言ったのかきっかけでした
もっとも、親とはスケジュールの関係で現地で会うことは出来なかったんですけどね…(--;;ダメジャン

とりあえず山口まで、高速を使った場合の値段を検索してみたら
高速代だけで15,250円…
(ETC割引が利けば7,600、もっともETC付けてないのでおいらには意味はない)
距離928.1km…200kで給油だから、ガス代で7500↑か…
ノンストップで走行時間10時間とか言ってるけど、まったく当てに出来ないですね…
#去年秋田からの帰りとかで、長時間ドライブはもう駄目だと思ったし

そういえば、前に四国旅行の時に使った、フェリーが北九州まで出てたことを思い出して
料金を調べたところ、26,330円で行ける事が判る、もっとも移動に2日使うところがアレですけど
途中にビジネスホテル泊るとかで休憩入れた場合を考えると、それほど高いとは思えない
ということで、フェリーを使って行くことを決めたのですが、この時点で日程は未調整というw

色々と業務的なスケジュールを考えたところ
リリース作業後(深夜作業)の朝待機が終わってから、出発するのが良いかな
その日の夕方に東京出発の便があるので、それに乗るとちょうど良い感じ
帰りは土曜日の朝に東京に戻ってくるプランが立てられそうなので、
この方針で決め

後は宿泊場所ですが、一人旅行だし、健康ランドで良いかなと思ったら
西国~北九州とか山口には使いやすそうな施設が検索で見つけられず
いっそキャンプにするかと思ったのですが、どうせいつもの強行軍で疲れるだろうと
国民宿舎を経路優先で予約する事にする
値段やお風呂、料理で無く経路優先なのは観光に2日しか使えないのと、
考えた行程が一日目は山口県、二日目は香川県にしたので
山口=>香川の移動時間で半日とられるのが理由
また、帰りは徳島港出発の便にしたので、午前10時までに徳島港に着いてなくてはならず
宿泊場所と港までの移動時間(迷子になることも想定)を考えると仕方のないところです

まぁ、そんなことを出発一週間前に一気に行う、さすが平日だけあって予約は簡単に取れましたな
あとは色々と準備を~思ったら、色々抜けていることに気がつくw
が時間はないので、無視することに^^;;カメラヲワスレル
というか、東京出発の10/1に台風直撃って何ですか?
まぁ、出港の時間には関東を通過してるはずなんで大丈夫だとは思うけど…
色々と波乱のフラグはありました…

・9/30
夜間作業のために出社しようとしたら、台風で電車が止まってるとか…
まぁJRは止まるだろうなと思ってました、でも東横線まで止まるとは思いませんでしたわ
実際このときは小田急線以外みな止まってるという惨状で
タクシーで出社になるのですが、それでも1時間30分待ちでようやく職場に到着という
2時間早く家出たのに、なんで遅刻する羽目になるのかと(==;

んで、夜間作業が無事に終われば、何も気兼ねなく休みに突入できるのですが
例によってトラブルが発生してしまいまして、それの対処で気がつけば15時…
おおう…19時までに搭乗手続きが必要で、家から港まで1時間
職場から帰宅するのに1時間…色々とやばいかもと冷汗流しながら
色々な残作業は同僚に押し付けて撤退準備
家に帰って速攻で準備をして(荷物はほぼまとめていた)出発
バイクも車検に出して色々と手を入れてもっらたため、トラブル無く快調に動いて
無事に港に到着、途中のコンビニで買い物するぐらいの余裕を持って着く事が出来ました
港に着くまでは冷や冷やしてましたから、本当に良かったわ

行きの便はカジュアルフェリーだったので、2等寝台に通される
もっとも平日で乗客が少ないためか、2段ベット1列の部屋に1人ずつという贅沢な割り振り
#2段ベット1列で3(?)列で一部屋、列毎は壁で仕切られている
部屋着に着替えて、艦内を一周したところ、出港したのでゲートブリッジ通過までは
船首側で夜景を楽しむ、台風通過直後ということも合って
かなり風が強くて、メガネが飛ばされるかとww

2012夏旅行1

通過後は寒くなったこともあり、部屋に戻って晩御飯
ちなみに、夜間作業明けなので結構へたれてまして、
4号瓶半分ぐらいで倒れてしまいましたw
#というか、朝食も昼飯も抜いていたので当たり前か…

そんなわけで、早めに潰れた事もあり、夜中に復活w
したらばデッキに出ることが禁止されていて凹む
もっともこの日は雲空だったので、星空は期待できなかったでしょうけど
仕方ないので、フードコートで飲みなおしw

10/1
翌朝、まだ海の上です
南下したこともあってか、かなり雲も晴れて
とてもよい天候、お昼はフードコートでレトルトのカレー
カゴメの押し麦カレーというのだったのですが
値段的にもいい感じで良かった、美味しいしお勧めですね

航海中、電波がまったく入らないってはあまり無かったのですが
場所によって随分差がありますわ、まぁ船旅の間ぐらいは
ネットにつながらない状態を楽しむのも有りかと~
甲板で甲羅干ししながら、読んでなかった人類は衰退しました7巻を読む

夕方になったので、船尾で夕日をつまみに酒を飲む
家で飲むより美味しく感じるわw2012夏旅行2

この周り全部が海原の状態って中々見れない景色なのでいい感じ
食べ物は貧相ですが、景色だけで十分って感じです
実際、晩御飯もレトルト系しかないんですけどねw
翌日は北九州に朝早く~5時30分到着の予定ですので早めに寝ることにします
到着からが本番です!!

銭湯めぐり(2)

銭湯めぐりも半分を切ったので、近場の銭湯に行ってみることにする
もっとも自転車で移動する前提だと、
気分的には調布弁天湯(御嶽山)に行くのも他に行くのもさほど変わらん
奥沢ならともかく、湯冷めするのは決まりだしねぇ…

6件目
みどり湯
自由が丘にある銭湯です、位置的にはヤマダ電機の奥あたり
そこそこ広い感じの銭湯でした、水風呂もあるしね
湯船もかなり広いので、ゆったり出来るかと思います

7件目
つばめ湯
奥沢の駅前を大岡山方面にしばらく行って、下り坂を下った辺りですね
何がコミカ風呂なのか判らないですが^^;;
入り口は銭湯というか、サウナっぽいモダン(?)な感じです
森林サウナというのが有るらしいのですが、このときは利用せず
他の銭湯でも見かけたので、今度試してみたいところです。
水風呂は無いのですが、代わりにシャワーを~という事のようです

8件目
益の湯
久が原にある温泉ですね、ここも東京の温泉らしく黒いお湯です
地元ではけっこう有名な温泉かと思われる~
自分も結構行ってたけど、一駅だけ遠いので最近は弁天湯ばっかだね
お湯はこっちの方が好きなんだけど、微妙に営業時間が自分と合わない事もあって
利用機会がなかなか訪れないwwww
湯船は3種で温度が違う温泉が2種類と、バイブラ湯ですね
湯船は深い構造で奥に長い感じです、サウナはありますが水風呂は無いです
#サウナ使ったこと無いけど^^;

9件目
花の湯
蒲田駅から玉堤道路をしばらく行ったところにある
赤い男爵に行くときに良く前を通るので気になっていましたが
家からは、微妙に遠いので今まで行く機会がありませんでした
湯船は3種で、サウナあり、水風呂は無かったかと思いました
なんというか…普通の一般的な銭湯でした(>_<:

10件目
松の湯
最後は、家から歩いてもいける奥沢の銭湯です
#まぁ後半の5件、益の湯以外は何処も歩いていけるんですけどね^^;
商店街の路地をちょっと入ったところにあるので
今回、近場の銭湯で調べるまで知りませんでした^^;;
ポスターがペタペタ張ってる入り口以外は
ちょっと古風な銭湯って感じ
真ん中の湯船が円形なのが懐かしかったです
#高校のころに通っていた喜久の湯温泉が確か円形の湯船だと思ったなぁ

近所の銭湯

と、なんとか期日ギリギリで10件廻たので
景品げっとしました^^v
意外と近所に銭湯が多い事に驚きですね
湯船が壊れても安心だわ~

銭湯めぐりスタンプ帳

2021 鍋パーティーなどしてみた

最近サボりすぎてわらた…
いろいろ断片的なのはあるのだけど、結局UPできるまで書いてないという~

今年はどたばたして、皆とあまり家飲みしてないね~という話しから
会社の元同僚たちと、忘年会でもやろうという話になったのですが
色々アクロバティックな展開の後、元々は5,6名できりたんぽでも~というプランが
元同僚の知り合いの家で20名ぐらいで行う事に規模拡大(==;
結局仕込みに1日休んで行うことになりました
いくつか作った物で試して面白かったのでメモレベルで残しておく

・笹身のたたき、胡椒風味
三つ葉を乗せてわさび醤油をかけるというものが基本ですが
ちょっと変えて見て、生胡椒を荒潰しにして、塩とオリーブオイル、
彩りにホワイトレタスという組み合わせを試す
生胡椒が結構おもしろいスパイスでして
馬刺しと合わせても美味しいのですが
今回は、入手しやすさと値段の関係でささみで

ポイントは塩の利かせかたと、オリーブオイルかな…
塩気が少ないと美味しくないし、オリーブが強すぎるとささみが負ける
ホワイトレタスは面白いと思いました、色々使えそうな野菜です、安いし
今回使ったのはジュースオイルってやつ
まぁ結構なお値段なので、普段使いには微妙ですが…いい感じのオイルです
正直、普通のちょっと高めのオイルでもいいように思いましたわ

作り方
ささみを熱湯で、全体の色が変わるまで茹でて冷水で締める
その後は、ペーパータオルで水分を取って好みの厚さで切って盛り付け~
至極簡単なものです
笹身の生食はちょっと危険なので新鮮なものを使用しましょう…(==b


・ローストビーフ
人数と、来る人の食べる量が読めなかったので、前菜に追加する
たまたま国産牛腿肉が1,900円で売ってたので丁度いいかなと
前回のワイン祭りのときに、寝落ちが真空料理について言っていたのを思い出して
炊飯器で作るローストビーフを試してみる。
中々いい感じで出来上がったのですが
試食した親父がソースがあった方がいいなといって作り始める^^;
確かに、ソースがあった方がいいよね

作り方
牛肉ブロックに下味を付ける~
全体に塩コショウ、ニンニクパウダー、ナツメグをすり込んでペーパータオルで包み30分放置
その後、フライパンで表面に焼き色をつけた後、ジプロックに入れて真空にする
#真空に引くのは、ストローを差し込んで空気を吸い出します

その間に炊飯器にはお湯(70℃位)を入れておく
真空になったジプロックを炊飯器に投入して保温で30分で完成

ソースは、玉ねぎ、りんご、米酢、塩コショウ、豆板醤をミキサーに入れて完成
割合はお好みで~って所でしょうか

・シーフードサラダ
前日の買出しの際に、野菜分が無いことに気がついて急遽追加
男メインなら作らないのですが…
今回は女性もかなり来られるというので、2種類作る事に
とはいえ、レタスは時期的にいい値段なので、水菜とかいわれ大根です
1種は、じゃこと水菜のサラダ
水菜の上にちりめんじゃこを乗せて、熱したごま油をふりかけ
出汁醤油で味付けするという簡単なものです
一味唐辛子を振っていいですね、今回は子供がいたのでやりませんでしたが

もう、1種類は、ホタテと海老のサラダ
ホタテは生食用のものを、軽く茹でて細かく切る
海老はサラダ用のものが売ってるのでそれをそのまま
野菜は、水菜とカイワレ大根、ホワイトレタスの残りを混ぜて使用
ドレッシングは、フルーツ系で~

・作り方
グレープフルーツを輪切りにして、果肉が取り出せる様に切込みを入れて果肉と果汁を搾り出す
これに、塩コショウ、オリーブオイル、レモンの果汁を加えて完成~
あまり強く振ってしまうと、グレープフルーツの果肉が崩れてしまうので注意です^^;

・肉団子
きりたんぽは普通に良いお値段がしてしまいますので
一緒に水炊きを作ることにする、具材が共通~似通ってるというのもありますし
値段も抑えられるということでのチョイス
秋田縛りで、しょっつる鍋とかも有りですが…
あれは好き嫌いが出そうだったので(==;;

んで、肉団子は今回は事前に作って置くことにする
以前に水炊きをしたときは、普通にひき肉だけだったのですが
少し物足りないので、大和芋と片栗粉を入れて
やわらかい肉団子を目指しました
具材に塩コショウとか、薬味を入れてみたりとか試しましたが
シンプルに、生姜を少々加えるだけに
香辛料は醤油タレで焼いたりするなら合うのかも
鍋だと香りが強すぎて、宜しくないわ


ちなみに写真が無いのは作るので手一杯だったから~
普段、独り分しか作らない人が、大量に作る羽目になったので
色々と無理が出てしまった…という顛末
素直に、たらい料理にした方が良かったかもしれませんwwww
笹身のたたき
これは、実験で作ったときの写真ですね

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。