スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年山梨ヌーボー祭り

今年も11月3日にやってました山梨ヌーボー祭りに行ってきました
一日だけの開催に変わったとの事で、去年以上の混雑が予想できたために
当日は早めに~8:30に日比谷公園に集合することに

なしぇると一緒に寝落ちを待ちながら入り口に移動したところ
この時間だと大丈夫だろ~と思いきや、すでに数名並んでおられましたw
人のことは言えないですが、おかしいだろ…
まだ、会場の準備が始まった所だというのに…(==;

ちなみに、今年の入場待ちの行列は入場開始ちょっと前の段階で
日比谷門の所の入り口と、真正面の入り口両方から小音楽堂側に伸びていて
両者がぶつかったところで折り返して
入り口近くまで伸びているという有様でした
相変わらず、すごい状態ですわ…(((n;‘Д‘))η…ナントマァ…

今年は36社、67種類が出展されたようです
で、時間になったので開始~去年購入できなかったこともあったので
はじめにクラノオトを飲んで、購入側に回ることにしたので
無事にゲットすることが出来ましたが、ワインが重いw
リュックか何かを持ってくるべきだったと後悔することになる。

今回の持込摘みは本金で買ってきたスモークチーズです
去年の反省で今年は切った状態で持っていったので正解でしたね
チーズがなかりいい感じだったのでご機嫌です。
後は、出店で買ったお摘みで岩魚の塩焼きと岩魚(小魚)の天麩羅でした
まぁ、結構な人込みでしたよ。

摘み購入後は、会場の外れで座りながらのんびりと飲みモード

結構、がんばって結構な種類を飲みました
飲めなかったのを数えるほうが早いぐらいです
途中、休憩を入れていたら
無くなってしまった銘柄もあったので
制覇することは出来ませんでした。

今回飲んで印象にあったのが、ニュー山梨ワイン醸造所の「新酒デラウェア」
笹一酒造「2011 甲州」岩崎醸造「シャトーホンジョー あじろん2011」かな
他にもメルシャンのロゼとか東晨洋酒のデラウェアとか色々有りました
が、購入しようと思ったらもう無くなっていたよ…
かうなら早めに~という事の訳ですね

で、気がついたら沈没しているおいら…
まぁ、飲みすぎです
その後は、去年の様に飲み屋には行かず
秋葉原まで歩いてそのまま帰宅しました。
スポンサーサイト

アメリカで飲んだビールとか

ちょっとこの間までアメリカに出張してきました
人生初の出張が海外出頭出張という一大イベントでしたw

まぁそこら辺の詳細に関して、今後挙げる事が出来ればーとは思いますが
とりあえず、判りやすい所、出張中に飲んだビールのメモが有るので上げて見ます

アメリカで飲んだビール1


FAT TIRE
アンバーエールなので赤みを帯びた色ですが、
それほど濃い味ではなく香りも控えめ、苦味も抑え目で、少しモルトの甘い感じが残ってる
冷やして飲むより、常温で呑んだほうが特徴がはっきりと出て良いと思います
個人的にはこのビール好きですね。

WIDMER BEOTHERS BREWING
金色でピルスナーに似た感じですが、香りが特徴的です
レモンが入っているのか、オレンジピールっぽい香りとハーブが入ってるように思える
味はかなりあっさり目、柑橘系の味は無くさっぱりとしたビール
こっちは冷やして飲む感じかな~
同じレモン系でも、小田原レモンのようにジュース感は無くあくまでもビール
フルーツビールってカテゴリじゃなくて、ハーブビールのカテゴリなのかも
一緒に行った会社の同僚はこっちが気に入った模様です。

Victoria
残念ながらメキシコのビールらしい、コロナと同じ系譜の模様です
色見は結構濃くて、味はコロナと比べるとしっかりした味わいがあります
香りはさわやかな感じで、さらさら呑めますね、冷やして飲むのが正解な感じがします。
メキシコのビールというか、暑い所のビールはのどごし重視になるのかな
って感じで暑いときだと水のように飲めそうです。

アメリカで飲んだビール2

TROPED EXTR IPA
IPAです、ちなみにフーターズで呑んだビールでもあります
ホップの香りのかなり強いお酒です、温度による香りの差はあまり無いですので
冷やして飲んだほうがいいのかな、味、香りともに今回呑んだ中では最強でした
まぁ普通にIPAがお店で出されているって所が日本とは違うなと
ビール文化が進んでるんだなーと思いましたわ。

DOWNTOWN BROWN
名前の通りのブラウンエールです、かなり飲みやすい味になっていて
冷やして飲んだからってのもあるかと思いますが、味、香は控えめでした
ちなみに常温で飲んでも、香り的には特に変化は無かったので
冷やして飲んだ方が良いようです。


LAGUNITAS PLS

名前の通りのピルスナータイプのビールです
かなり飲みやすくて、今回飲んでいた中では主張しない味で色々と良い感じでした

日本人には飲みなれた感じで「とりあえずビール」ってスタイルにはいいのかも?
でもアサヒのすっきり感も黒ラベルのコクもキリンラガークラシックの香りも無いですけどねー
なんと言うか、生ビール(ジョッキ)みたいな感じです。


そのほかにも、レストラン等で飲んだビールがあったりするのですが
アンカー以外は覚えてないですね…
まぁアンカーはどれも美味しいし、最近では酒屋で見かける率が高いので
あえて避けたところが有るけどアンカーも種類が多いし
お店でバドワイザー頼んだはずが違うのが出てきたり、まぁ綴りが似てたかな?
とにかく種類が多いです
日本みたいに卸の関係でアサヒ系統しか入ってないとかの縛りがないんだろうな
また、ワインも然りで空港の喫茶店ですら数種類のワインが…
そんだけビールに気合が入ってるって事で、
何も考えずに注文しても大きな外れはないかと思う

ほら、日本酒の劣悪三増酒のような物は、市場的に淘汰されるんじゃないのかなと
色々と問題はあると思いますが、アメリカって結構健全な国だし

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。