スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六郷温泉に行ってみた

去年に比べれば、それほどでもないのでしょうけど
今年も2~3月は大変です、期末ってものは
こんなにも大変なものなんでしょうかね…

で疲れたので温泉に行って癒されようと
また、運動不足なのでちょっと遠い所に国分寺さんを見習って
自転車で行ってみようかな~って事で、六郷温泉に行くことにしました
昔はよく羽田空港まで自転車で行っていたものですが
最近は行ってないなーと思いつつ

多摩川のサイクリングロードは調布取水堰で一旦車道に出ないとならなかったのですが
堰の脇を通れる道が出来たので、車道に出る必要はなくなったので
この道を使ってみることにしました

六郷温泉1

25日に春一番が吹いただけあって、26日もそこそこ暖かく
よく晴れたサイクリング日和~
取水堰の所は自転車通行禁止とか…初めて知ったよ…
距離的に長いわけではないので、押して行けって事ですかね
取水堰を近くでみると洪水時の水位が書かれていました

友人にお子さんが生まれたとの事だったので出産祝いに何か~
と思って鵜の木にある子供用おもちゃのお店に行ったら閉店してたよ…
仕方ない事ですが、どこに行ったものか…
手に触って確認してから購入したいものですからねぇ…

その後、つけ麺 鵜の木堂でお昼ごはん
普通盛りに味玉をトッピングで加えて注文
思ったよりも麺の量が少なかったので大盛りにしても良かったかも
チャーシューを出す前に炭火で炙っているとの事で香ばしくて美味しい
肉の味も濃すぎることも無く、これだけでも満足度高いな。

スープは魚介ベースなのかもしれませんが、魚介が前面に出ることは無く
かといって豚骨系のこってり感が~でもなく、個人的には好きな味かも
しかも味も濃すぎる事は無いです、そのままでも飲めそうな感じ
酸味の無い美味しいスープでした、普通のラーメン系になるんでしょうかね?
で麺はけっこう太目の麺です、スープの味が控えめなので麺の味が~と思ったら
麺もあまり主張しない感じなので丁度いいのかも
寒かったのであつもりにすれば良かったなーと思いながらスープ割にして頂きました。

その後は六郷温泉へ~家から10㌔ほどでしょうかねここまでは
坂も桜坂位しかないし、らくちんなコースです^^

六郷温泉2

六郷温泉、入浴料の450円を払ったら、貴重品は預けてねとおばあちゃんに言われる
まぁ銭湯とかだとよく言われるのですがロッカーにも鍵がついてるし?特に必要が?
と思ったのですが、おばあちゃんがわざわざ言うので~と財布を預ける
更衣室に入ってから、その意味がわかった
ロッカーに鍵がついて無い^^;;;
鍵付のロッカーなんだけど、ロッカーに鍵が刺さって無くて施錠出来ないのな
全部のロッカーが施錠できないわけではないので施錠できる鍵が残っているロッカーを確保
客が込んできたら施錠できなくなるので貴重品は預けないとやばいねココは

でお風呂ですが、温めの湯船と高温の湯船が2種類(温泉と水道水)
あと水風呂は黒い水だったので温泉が直に入ってるのかも
湯船は小さいのですが、深さがあるのでしっかり漬かれます
あと、サウナもありました、別料金無しで利用できるようでしたがちょっと温度低目かな
お爺ちゃんが多いからかもとか思ったり

お湯は、かなり黒いです
黒い水風呂に入っていると十二社温泉を思い出しますね~
温度は高温と書かれていてもそれほど熱いわけではない
普通に肩まで漬かれるレベル
温い方と比べてちょっと温度が高いかな?って感じで
あと温い方は寝湯っぽい感じで入れるのですが、熱い方は座る感じでしょうか
良いなーと思ったのは、浴室内に座れるスペースがある事
お湯に疲れたら休んでからまた~ってのが出来るところが嬉しい
銭湯だとこの様なスペースは無いからね。
2時間ほどのんびりしたあと、日が暮れて寒くなる前に撤収。

全体的に古めかしい銭湯でしたわ

受付で大田区銭湯マップなるものを貰う
鎌田~羽田近辺の銭湯が載っているのですが
昔ながらの町だけあって、結構数が有るんですね
今度、回ってみるのも良いかもと思いました。
スポンサーサイト

クエ鍋を食べてみた

つかれたーつかれたよー
機器設置のときに立ちくらみしたり
色々抱え込みすぎで~駄目すぎる状態ですわ
脳のチャクラが停止状態
デフラグマン助けて~って感じです(==;;

で、1月15日は会社の全体会議&いつもの新宿の飲み会でした
何故か会社の全体会議と飲み会が良く被ります
まぁ毎週なんかやってるので、何かが被るのは仕方ないことなんでしょうが
実際、4月の全体会議は信玄公祭りと被りましたしねぇ…どうしたものか…

今回の会義の会場は新宿とのことなので
会議後は羽衣湯に行ってきました
歩いてもそれほど時間のかかる距離でもないので開店直後に突撃
のんびり長湯するつもりだったので、サウナ込み(1000円)で入館
天竜湯も値段的に一緒だったけど、統一してるんかな?

この日の男湯は桜の湯(男性:奇数日)って事で
ソルティサウナ、水風呂、電気風呂、露天風呂、座風呂、エステバスとの事
もう一つが桔梗の湯(男性:偶数日)で
高温サウナ、水風呂、電気風呂、露天風呂、肩たたき風呂、エステバスとか、微妙に違うのか~
入ってみたところ、色々とお風呂の種類は多かったですが
それぞれ思ったよりもこじんまりとした湯船でした
ソルティサウナは塩の入ったバケツが置いてあってここから塩を取って刷り込めって事らしい。
この時の露天風呂は、漢方湯でした、露天っても周りが見渡せるわけではないですが^^;
天井が抜けてるだけです、でも外気の中でお風呂に入れるのは気分が良いです。
サウナ利用者は専用の休憩室が使えるので長く居るには良い
ちょっと茹だったらMHPをやりながら休んだりとマッタリモード
夕方になるとかなり混んで来て、湯船は満員状態になってましたので
サウナをメインでのんびり温まっていました。

時間になったので、おちゃんのお店まで徒歩移動
今回はクエ鍋とのことなので、本金の純米吟醸を持ってきました
んで、寝落ちは焼酎を2本ほど、あとナシェルが梅酒と盛りだくさんです

とりあえず、サザエのつぼ焼きで今年の運勢を占う
#結構な率で失敗しているので…
肝の最後のあたりが千切れてしまったので吉あたりでしょうかね
ちなみに凶(肝が切れる)は誰も居ませんでした^^v

うめ物語は相変わらず普通においしい安心の美味しさですね
でもパッケージでちょっと躊躇とか^^;;
もう一本の梅酒は紀州梅酒ヌーボー
梅酒に新種とかあるのか?で味のほうですが普通の梅酒でした
個人的にはうめ物語の方がおいしかな、パッケージ的にもw

次は寝落ちの持ってきた焼酎です
初めに飲んだのは青一髪ですが、4年間熟成してから出荷される特別バージョン
瓶の文字はサンドブラストで蔵元の手書きとか
けっこう深く削りこまれていて、いい感じを出しています
44度の麦焼酎なので、水割りかロックで飲むのがいい感じでした
寝かせているからなんですかね?
でもお湯割りは香りきつくてちょっと厳しい…
ロックで大変美味しいお酒でした
できれば水で割って一日置いてから飲んでみたいところです。

というか、初めは割って寝かせるつもりだったとか
忙しくて忘れたとか言ってたよーな

もう一本の焼酎は風に吹かれてです
芋焼酎のお湯割りは良いですね~

クエ鍋2
飲んだお酒たち、バックに本金が写り込んでいるわ

で今回のメイン料理のクエ鍋です、東京だとなかなか見ない魚
以前、五反田で忘年会やったときは苦労してお店を探した記憶がありますね
魚が珍しいのと、大きな魚なので少人数では出せないという話
人数そろえたら仕入れるよと言って下さったので
今回、人数そろえてという運びです

先ずはアラ鍋(?)です、というか出汁をとってるとの事
でもアラも美味しかったです、これを綺麗に食べたてからが本番です
ポイントは小骨とかが残らないようにきれいに食べつくしましょう^^
小骨とかが残ってると、後でやるしゃぶしゃぶやおじやの時に
問題があるから残らないようにとの事でした。

で、美味しい出汁が取れたところで、身のほうをしゃぶしゃぶでいただきます、
クエは白身の魚なのですが軽く、くぐらす位の半生だとちょっと癖がある感じ
火が通ると甘くなって良い
もう少し多めにしゃぶしゃぶした感じにすると美味しかった

魚がなくなった後は、この魚の出汁で豚肉をしゃぶしゃぶ
クエの出汁と肉がものすごくあって美味しかったです
野菜もね、美味しいのよ、やっぱ鍋は良い
飲んでる酒も本金だしね、初めて飲んだ方にも好評でよかった
な訳でお酒もいつの間にかなくなって大満足でした。

クエ鍋

ジンギスカンも良いね

さて、今年も冬のいんふるパンでミックス祭りで大変な事になったのですが
この期末の忙しいときに、ダウンするわけには行かないので
やばそうなフラグがたったら即風邪薬漬けの日々
風邪気味になったら即ワインを飲みまくりです
なんと言っても、万能のポリフェノール様が摂取できますから^^;;
もっともホットワインにして呑むのでFRANZIAですけどね
CP的に自分の変な飲み方に丁度いいワインです
真っ当なって言い方変ですが、
まともなワインを加熱するのはちょっと勇気というかもったいない
あと酸味が無いワインを暖かくすると不味いだけだからね…
ちなみにFRANZIAは酸味が無いのでポッカレモンは必ず必要です無いと飲めませんw
で摘みはチーズなわけで~
煎餅も良いですね、けっこう醤油味が有ってる感じがします
もっともその場合は蜂蜜と香辛料を除いて、檸檬果汁を増やしてます
チーズは十勝のスマートチーズが最近はいい感じ
初めて食べたときは、なんだこのポロポロしたチーズはと思いましたが
慣れてくるとやめられなくなります、乳酸菌も入ってることですしね^^
風引いて、晩御飯はワインとチーズのみって
自分でやってて思いますが、逆に体壊しそうですな。。。。

ま、それはともかくと、1/22は友人と新年会をやろうぜ~という事で
以前に行こうとして行けなかったジンギスカンをことで行ってきました
場所は新宿で~で評判の良いだるまやとかどうかなと
マスターズカット逝ってみたいね!って思ったんですが
このお店どうもカウンター席しかないようだったので、
相談した結果、兜屋に行くことに
予約もしてなかったのですが、開店直後だったためかすんなり入れました。

とりあえず、3,980円飲み放題コースで追加で色々頼むことにする
ジンギスカン鍋の一番上に羊の脂身を置いてから、焼きにかかります
コースのお肉はラムロースとラム塩、ラム味噌の3種類
肉に癖が無いためか、味噌よりも、塩かロースそのままがいい感じです
マトンみたいな匂いのあるものを想像していると違うって思うかも
匂いがない分、肉そのままで食べる感じがお勧めかと思う
やわらかくて食べやすく、けっこう癖になりそうです
今回は飲み放題コースのビールだったのですが、ワインでも良いですね~

兜屋

ラムチャップが美味しそうだったので頼んでみる
これが結構な大きさで焼くのにも時間がかかりましたが納得です
ある程度火が通ったら、はさみで切り分けで焼くのですが
肉は厚切りのほうが美味しいよね~

んで、その後つぶれる駄目人間の姿がそこに。。。。orz

焼肉とワインのイベントin山梨市

フィリピンパブに失望した後は石和の健康ランドに宿泊
時間が時間なので、甲府からタクシーかなと考えてくれたのですが
友人が車で送ってくれました(彼は弱いのと車だったので飲まなかったのです)
日中はそれほどでもないですが、夜は寒いのでとても助かりました。

で、温泉で汗を流してからビデオルームで休もうと思ったら
みんなサッカー見てるのはいいんだけど(当日はアジアカップ決勝戦)
寝るならTV消してから寝てくれや…(==;
煩くて寝れないですけんぉ、といいつつもあっさり沈没して翌朝
ちょっとお酒が残ってる?
温泉につかったりしてから出発、駅まで無料送迎バスがあるのですが
電車との乗継の時間が微妙だったので、歩いていくことにしました
そんなに離れているわけでもない、15分ほどでしょうか
ちなみに石和温泉駅は140側には入り口がありません。。。。。
降りたこと無かったから知らなかったよ…(==;;
山梨駅からもお店まで徒歩で~10分ほどの距離ですし
さほど離れているわけでもない
ここら辺なら土地勘があるので、距離感もわかりやすい。

ちょっとこ歩いて万葉苑に到着です、お店の前でキラさんと合流して入店
今回はキャンセルなどもあって、それほど集まらなかったとか
こじんまりとした会になりましたね、8人ほどだったかな
でも司会進行がプロの人だったり
色々と面白かったです。
自分の席の後ろに座っていたおじさん(お客かと思ってた)
が実は東晨洋酒の社長さんで驚いたりw

万葉苑1

初めはユッケと「麦藁帽子とシオカラトンボ」から
ユッケは林檎が入っているからかほんのり甘い
ワインも甘口のすっきりした感じなので、大変にいい感じです。

万葉苑2

んで、次はローストビーフと南蛮漬けと野菜のマリネ(?)と「あきあかね 2009」
肉と赤ワインはやっぱり良く合いますね
んで、南蛮漬けとシオカラトンボが結構よい組み合わせ
ワインの酸味がしっかりしてるからか、魚の生臭さとかが綺麗に無くなっていい感じです
あきあかねは樽で熟成しているとの事で
確かにこの後に出されました「飯島さんちのベリーA 2010」と比べると良く分かりました
味に深みがあって肉とよく合うって感じ
飯島さんちのベリーはフレッシュ感がってこれはこれで良い
んで、白ワインと割って呑むと美味しいよって話があったので
シオカラトンボで両方の赤ワインを割ってみた
どちらも、すっきりとした甘さが加わっていい感じです
飯島さんちのベリーAで割ったほうが個人的には好きかな?
色々とお話を聞いたら、ロゼは白ワインと赤ワインをブレンドしているところが多いいのだとか
もちろんロゼ用に仕込んでるところもあるけれどって話で
となると白と赤を混ぜて飲むのは正当な飲み方なのかーと思ったしだい。

万葉苑3

飯島さんちのベリーAと一緒に出てきたのはビーフシチューです
んで、オリーブオイルを引いた鉄板でフランスパンを焼いて食べるという
ちょっと変わった趣向です^^
やわらかく煮込まれたシチューは最高ですねぇ、
まったくもって赤ワインとよく合うこと合うこと
あきあかねより色々と味がハッキリしてるのでしっかりした味の
シチューとはいい感じだったのかも~

万葉苑4

で、最後に出てきたのはKamshiKoshu 2009です
一緒に出てきたのは焼肉と、コンソメのジュレとかキムチとか
焼肉とジュレとかキムチをサニーレタスで包んで~って感じですか
ちなみに写真の左にある赤身はマグロのづけです
KamshiKoshuは美味しかったですね、白ワインだけどかなり変わった感じ
どっちかというと赤ワインチックで白の飲みやすさが~ってところか?
聞いたら、甲州を赤ワインの製法で醸して作ってるとか
色が金色で味に特徴があるのはそれでなのかな

〆にクッパが出たのですが、おなかいっぱい過ぎて
写真撮り忘れました^^;;
胃袋が縮小してるのかワインを飲み過ぎたのか(たぶん後者)
量的にはそんなに多いい様な気はしないのですけどね
社長のお話を聞きながらのんびりと食べて飲んでしてたからなのかな
かなり満腹&酔いどれで満足です^^

ちなみに、どれが美味しいか投票でKamshiKoshuが一番って話になりました
ワインの出てくる順番ってのもあったかなとは思います
一番個性的なのが最後に出てきたかなねぇ
個人的にはシオカラトンボもかなり気に入ったので後ほど両方購入しました

イベント後、キラさんと社長がお知り合いとの事で
東晨洋酒さんのワイン工場を見学させてもらいました
熟成用のアメリカンオーク樽の一番古い樽はかなり風格がありました
やっぱし樽の状態で味もかなり変わるとか何とか、
できれば、温度管理などを考えると地下とかが良いんだろうけどね~
とか色々と興味深いお話を聞けました。

また、KamshiKoshuの熟成前のとか飲ませてもらったり
熟成前だからでしょうが、まだフレッシュ感の残る物で
これはこれで美味しかったです。

ブドウ畑でバーベキューとかもやられるという話を聞いて悪い虫が騒ぐ
おいら竜王町に住んでたから、あそこら辺の八幡芋って有名じゃん
だもんで、それとなく芋煮会とかどうですかと言ってみた
たらい持って行きますよwって^^;;

キラさんからお土産に、呑んどくんなってを貰ってからようやく
日比谷であったヌーボー祭りで美味しかった所だということにいまさらながら気がつく
いや、ブログの記事に醸造元までは書いてなかったのでね
聞いたことある蔵元だよなと思ったんですけどね^^;

そいえば、社長の話の中で、ワインと何が合うかって話で
醤油煎餅が良いって話があって意外だったこんど試してみようと思います。

甲府駅前で飲んでみる

もう2月も2週目ですね、早すぎます、色々と
ちなみに去年あまりにもイベント行き過ぎた反省で
今年はイベント毎の出費をまとめることにしています
んで、1月の集計ですが、対象は8回でトータルで79434円なり
まぁ洩れもあるだろうから80000円↑位か…(==;;
山梨に2回も行ってる事を考えれば、こんな物なのかもしれないが
薄給の身としては厳しいね…
だったら、数減らせば?って気もします
引きこもってるのが一番、色々と財布にはやさしいのだから
#実際、交通費が結構割合高くて驚いたわー
しかし、去年の状態を引きずってるからさぁ、そんなに直ぐには直らんもんです
さて、2月はどんな感じになることやら…

で、すっ飛ばした1月の事です
マイミクのキラさんが、ワインと焼肉の企画の日記を書いていたのですが
寝落ちチョイスのイベントよりも高めのお値段設定で開催場所が山梨市
移動費用とかも考えるとちょっと厳しいかな~などと思ってたら
開催の2週間ほど前の日記でまた告知が
んでまだ予約受付中~と、むぅ?これは挑戦だろうか…?^^;;

で、話は変わって、山梨の中学校に通ってた時の同級生と
今度、飲もうって話になったのですが、場所は当然山梨なわけで
おまけに1月2月と週末がほぼ予定で埋まってるわけでして
仕方ないので、たまたま開いていた1月29日に山梨に行くことに
したらば、30日のワインイベントにも行けるよねって運びに
な訳で1月末の週末は山梨に行ってました、これで1月は2回も山梨に行っている
まぁ、いつもの事ですけどね…

宿泊は健康ランドでいいやと思い、バスの予約とかワインイベントの予約とかしたところ
いきなり当日に会社の会議が入ったでござるよ…
ばっくれようと思ったら業務命令で必ず出席せよとお達しが(==;カンガエヨマレタ?
聞いたら2時間ほど~という事だったので、土曜日の予定を後ろにずらす事で対応
まぁ、一日拘束されるわけでもないので良いか~って事で29日
東京土産を求めて秋葉原に
エクレアとかごはんとかユクモ饅頭とかを購入
お昼ごはに良い感じだったので神田 磯野でお昼を食べることに
以前に行った時は炊き込みご飯が食べれなかったので、今度は食べれればいいなーと
開店直後だったのですが、早くも満席
幸いに満席直前に入れたのでラッキーでした
海鮮わんたん麺(醤油味)と本日の炊き飯を注文
こちらのワンタンは餡の海鮮が甘くて美味しい
ラーメンのスープもあっさりしていながらしっかりした味で良い
炊き込みご飯も美味しかった、本日の炊き飯は鳥飯っぽい感じでしたね
ラーメンとごはんで十分かな思ったり
でもワンタンは食べたかったしなぁ…^^;

で、会議後は新宿に直行して15時発の高速バスで山梨へ
時間も時間だったので、渋滞も無く思ったよりも早く現地に到着
駅前のタリーズで待ち合わせ時間まで読書など
んで、久しぶりに、友人と再会10年ぶり?
同じ店内に居たそうなのですがまったく気がつかなかったわ^^;;

甲府で飲みなんて初めてですね
山梨はけっこう来てますがお店で飲む機会があまり無いかな
キャンプとかでってのが殆どで、あとは家に押しかけて飲むってパターンか
外で~っての有っても大体にいつも同じ行きつけのお店だしね
で駅近くで地酒が飲めるお店って事で七賢酒蔵へ行くことにしました
お店の名前のとおりに、七賢が呑めます
山国なのに海産物が多いと言う山梨らしい店です
#自分の周りがそうなだけなのかも知れないが山梨県民は海産物Loveです

話を聞いたらば、彼にはもうお子さんが2人も居るって事で
おまいさんはどうなんだい?って聞かれる
おいらにその手の話題を振るか~って思ったけど、久しぶりに会えばこんなものかと思い
おもむろにDSを出して「じゃぁ彼女を紹介するわ」などとお約束をひとくさり
まぁこの時はDS持って行かなかったですし、入ってるソフトもソラトロボなんですが…
#その場合は「このケモナーがっ!!」って話に発展できるのですが
恥ずかしがり屋で2次元から出てきてくれないんだよとかまぁいつものネタを^^;;

写真を撮り忘れたのですが、串揚げと魚介類のがメインのお店なので
まずは定番の鳥モツ煮と串揚げを注文
お刺身とか盛り合わせをお任せで注文したら結構な量が出てきました
お酒は日本酒メニューから、粉雪と絞りたて生、後はいつものお酒を熱燗で飲んでました
寒かったからね、熱燗メインですかー粉雪はけっこう美味しかったわ
色々と懐かしい話をしていたらいつの間にか閉店時間に
一人がまだ呑み足りないのか、別のお店に~って事になって
夜の甲府をふらふらと散策、甲宝シネマでエアホッケーをしたりと
色々と変わっていて驚きましたね…
こんなに夜の店が多い通りだっただろうか?

結局、なぜかフィリピンパブに行く事に(==;

まぁ、たまには良いですね…
勉強になりますし、もっとも二度と行かないけどなっ!!
なんで、お立ち台にあがってカラオケしないとならないんだよと
しかも客層の年齢高めだし
カラオケ振った奴は曲入れてないし…
普通に日本人のお店にしておけばよかったよ…

テオ・ヤンセン展に行って見た

1月のことを、色々とすっ飛ばして…
#いえ、まとめてる所で順次あげていきます

ネットで見かけて前から興味のあったテオ・ヤンセン展を見に行ってきました
前日に同僚の家で飲み会があり、貰った呑んどくんなってを持っていったのですが
これが一升瓶にもかかわらず、ほぼ2名で飲み倒してしまったので
翌日の昼になっても酒が抜けない抜けない^^;;
ほかにもワイン3本ほど開けたので明らかに呑みすぎなんですけどね
んで、気持ちの悪いので、今度にしようかなと思ったら
スケジュール的に昨日(6日)しか行けそうな日がないと
なわけで、なんとか動けるようになった午後に行ってみました。

時間が時間なんで常設展示はパスして、企画展のみで入館
したらば、アーティスト・トーク&デモンストレーションがあるとかなんとか張り紙が
ご本人のお話とアニマリス・シアメシスのデモが見れるって事らしく
ほかの展示物とかすっ飛ばして並んでみる
開始まで1時間もあるのに既に結構な人が並んでいて
危なく人数制限に引っかかるところでした。

テオ・ヤンセン展1

1時間ほどしてから、デモ会場~アクションエリアに通される
けっこうな人が居たので、あまり近くで動くところは見れなかったのですが
巨大な怪しげな生き物がテクテクと歩くところは可愛かった
こいつはちゃんと触角を持っていて、障害物に触れると歩く方向を変えたりします
ほかにも、海の中に入らないように水に濡れると方向を変えたり
歩いた歩数を記憶したりができるそうな。

テオ・ヤンセン展2

近距離で見るとこんな感じ
パイプとチューブが色々と入り組んでいてみていて楽しい
#英語がわかるともっと面白いんだろうな~って久しぶりに思った
勉強しろよ!って突っ込みは無しの方向で…

テオ・ヤンセン展3

この子は風を食べて動くとの事なので、年中風が吹いてるイメージの
火星とか良いんじゃないのかな~と思ったり
赤い大地の上でビーチアニマルが帆を動かしながら動いてる姿を想像してみたり
太陽電池よりも良いような気がするんですが
こんな大きなものを持っていくことは流石にできないか~
などと色々と想像の広がる面白い一時でした^^

んで帰りにミュージアムショップに寄ってみたところ
予想通り、大人の科学は売り切れ
まぁ普通に売り切れますよね~
ちなみに、イカロス君の絵本もあったので立ち読みしてみる
けっこう面白い内容なので、今度購入しようと思います。

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。