スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほぼ一日ティータイム

また、時間は飛んで3/13,14は久しぶりに何も無い週末でした
せっかくなので、部屋の掃除とか…

しませんでした(==;;

ほぼ一日~土曜日は倒れてましたし
日曜日は氷柱から借りているけいおん観てました

以前の記事にブランデーの備えが無い~って事を書いてたら、
つららが飲まないからという事でVSOPをくれたので、早速使ってます
ティーセットとか茶葉がどっかにあったはずなんだよなーと
冷蔵庫の中をあさったら未開封のハロッズの茶葉缶(NO.42)が出てきました
いつ買ったんだろう?…^^;;;

#うちの冷蔵庫とか納戸はこんなんばっかです

取りあえず、使ってみたら大丈夫そうなので楽しんでいます
でも流石にプレーンティーだけだと辛いので
マーマレードを買ってきてロシアンティー風にしてみました
中々のものです

ちなみにうちにはBlu-rayプレーヤーが無いので
PCで見る形になるのですが
うちの音響関連はTVにあわせているので、PCで観てるとどうもね

音響というほどの物では有りませんが
スピーカーの位置とかソファーに座って聴く事を前提にしているので
PDはそのスピーカーの裏側という配置^^;;
ゲームとかならともかく、映画とか観るならちょっと考えちゃう配置ですよね
いかにスピーカーを何処に置いても大丈夫と書かれているとはいえ
流石に背面というのは…

でTVで観ようとすると、うちのTVが古くてHDMI端子が無い機種なので
(S端子とD端子は付いている)
直にビデオボードと繋げられない~と
しかたないので、ダウンスキャンコンバーターを買ってみました
これで、PC画面でなくTVで見ることが出来ます

意外と、ダウンスキャンコンバーターって高いのな
アプコンの方が安くて驚きました
リモコンとか不要な機能は必要ないので
簡単そうなDSE-002を購入

これでTVで見ることが出来て、ご機嫌ですが
でも今度は通常のモニター表示の方が
微妙に画面が荒れている感じになってしまったがちょっと…
安いの買ったからかな?
取りあえず使わないときは外す形で使おうかと思ってます。

7巻が観れて良かったわー
りっちゃん可愛いし^-^

で、そのけいおんは飲み歩きのときにそんちょサンところに行きました
今は借りている無印なのはサンを観てます

久しぶりにTVの電源入れたら
有線放送の画像が変な事になってる…
壊れたのかな…
スポンサーサイト

2010年蔵開放

やっと峠は越えれたのか…?
何とか生きてます、金曜日に会社の懇親会があったのですが
直前まで眩暈とか頭が痛いとか肩が鉄板とか色々もうダメでしたが
お酒飲んだら直りましたw
まぁ、麻痺させてるだけってのはわかってるんですがねー

で、3月6日にあった麗人の蔵開放に行って来ました
寝落ちも参加予定だったんですが、前日に仕様書の作り直しが発生とか
いろいろ良く判らない状態に巻き込まれたらしく不参加。

いつものように高速バスで移動~連休での無いので
渋滞もたかが知れたものでした12時前には上諏訪に着いたので、
氷柱亭に荷物を置いて、まといでお昼ご飯
この日は雨が降っていたので結構寒かった、まぁまだ3月頭だし…

15時からと思っていたのですが、実は13時~でした
危ない、渋滞にはまってたら間に合わない所だった

なしぇるとつららんと、いつものように麗人に~
受付すましてからしてから蔵の2階に向かいます
入り口にビールもあるのですが
「まだ、あわてるような時間じゃない」ということで後回しにします

HPに書かれているように全商品が味わえる貴重な機会ですので
思う存分味わいましたよ~
もっとも、初めに飛ばしすぎて紅麗葉(古酒コーナー)に行き着く頃には
へべれけになってるのが常なんですが…

だって、希=>夢雫=>甑倒し記念蔵出し新酒の流れが強すぎる
美味しいので大目に注いじゃうのが悪いんでしょうが…だって、ねぇ^^;
それでも、今年は焼酎まで頑張りましたよ
DMにあった「本格米焼酎諏訪浪漫5年秘蔵甕入り」の購入に迷ったから
値段もそうですが、量が多いので安易な購入はちょっとね
んで、その味見を~と言うことだったのです
聞いた所「諏訪浪漫25度」が近いとか、
諏訪浪漫は3年だから、もすこしマイルドになった感じなのかな?
米焼酎だとここん所、宜しく~しか呑んでないので
久しぶり焼酎っぽい米焼酎飲んだ感じ、中々いいですね
その後、霧ヶ峰オールド=>昔心と通づいてノックアウトされましたw
喉が焼けそうでしたよ(==;;

まぁ40度だしね…

蘇生の秘薬がこんなところにも…

で、程よく酔っ払った後には、利き比べなんですけど
今年は出口ではなく、入り口側(?)
日本酒を絞る機械の前で行ってました、ですので会場に入る前から
利き酒は出来たんですよねー
思いっきりスルーしてました
まぁ酔っ払ってますので、今年は1問正解でした
ダメダメですね

その後、酒粕の詰め放題にアタック
あふれるほど詰め込みました、一年分ぐらいあるのかしら?
最後は、お粥と甘酒を呑んでまったり。
蔵開放

ツララ亭に帰ってからは
美味しいチャンジャをつまみに呑んでました
ごま油がまたいい感じで、箸が止まらんw
かなり呑んだし食べた気がしますが
もはや、あまり記憶に無いです^^;;

翌日はTRPGやる予定なのですが、珍しくまったり過ごしましたよ。

なのはさん

ふふふ、来週ってか今週のってか、週末の作業準備がやっと出来ました
来週生き残れるのか激しく不安な今日この頃です
ええ、準備なんて出来てないですが何か?
機器の確保すら怪しいのに、準備だ何て、そんな、テヘ

正直、無理じゃね?とは思いますがー

でいきなり、時系列とかぶっ飛ばして、ちょっと前の話です

なのはさんの映画を観てきました、ええ、随分前の話です
2月の頭でしょうか
53万円の笑顔がニュースになった頃ですネェ

新宿のおっちゃん所で呑むから~と言うことで氷柱が上京
せっかくなのでなのはさんとフェイトを観ようということだったのです

氷柱から「なのはとフェイトを見よう」と言われて
「そっかー、フェイトさんも単独映画化かー」と思った情弱のおいら

まぁそれはともかく、映画は良かったです
その日はパンフレットが売り切れだった訳ですよ
という事で後日買いに行きました
ええ、映画も観ましたが何か?
ちなみにおいら、なのはさんは初観で予備知識といえば
「なのはさんは白い悪魔」「ヴィータ可愛いよ」位だったんですけどねー
で、まぁ、2回目に観に行ったときにグッツを買いあさっているおいらの姿が。。。
気がつけば財布が空っぽとか、もう色々ダメかもしれんね。

その後は、おっちゃんの所で呑みです
今日の目玉は氷柱が買ってきた麗人のウィンテージ
なんというものを買ってくるんだとは思いました…
1999年,1990年,1978年の3本です
値段とかは麗人のHPで見てくれ
PS3が買えると位とかかありえないから。。。。

んで、つまみはというと
が出てきましたw
しかも何気に高い塩だし!、美味しいし!!
まぁ確かにそれだけで十分だけど!?「流石にもう少し何かー」と言ったら
別の種類のが出てきましたwwww
醤油か何かで煎り付けたらしい
ちょっと甘めのお塩です
結局、塩だけなのはかわらんのなw
(その後、豆腐の味噌漬も出ましたけどね)

そんなんで、塩をなめつつ
古酒を味あわせていただきました^^

その後、マグロとタイのカルパッチョ(?)が出てきたのですが
先にに出てきた塩をまぶしてありました
このための前降りだったかー

大吟醸ウィンテージ
右が大吟醸ヴィンテージ
左がカルパッチョ(?)

古酒の味ですが、色合い的にも面白かったです
1990年で一旦薄くなった色が1978年では濃くなったり
でも味わい的には1978年が最高ですかね
年月を経ただけあって美味しかったです
古酒特有の癖(?)は有りますがさほどでは無いですかね
その意味では、1990年は色々面白い感じだな
しかしまぁ、1978年って、何処から出てきたんだと思うような変わったお酒でしたわ
普通呑めないよな…持ってきた氷柱んに感謝ですわー

この日の鍋は軍鶏鍋だったので、最後は蕎麦で〆て~
結局、古酒のほかに4合瓶3本だったかな?空けて
焼酎も少し飲んで、相変わらず呑みすぎですね


んで、いままでゲームしてる時間無いとか
やりたいゲームが特に無いとかで、購入を見合わせていたんですが
ついにPSPを買っちゃいました…orz


ええ、コレのために


PSPの為だったらまだ良かったんですがねー
流石に闇子の為に
ってのは人としてでどうかと思いまだ買ってないです

どっちかというと棒読みヒロインの方が携帯ゲームとしてはいいかなーと
続編でねぇかなぁ

2010 ウィスキーマガジンライブ!

2月21日にビックサイトでやっていた、ウィスキーマガジンライブ!に行って来ました

そもそも、ライブ!を知ったのは
クラフトビアフェスティバルで配っていたチラシからなんですよね
ウィスキーだと大体、サントリーのホワイトかニッカのブラック辺りですか呑むのは
昔はバーボンからアイリッシュまで色々と銘柄を試したりしてましたけど
今はそれほど拘りは無いです
でも、美味しいものが呑めそうなので行って来ました。

まぁビックサイトで開催するほどの大型イベントってのにも惹かれましたけど
まぁ色々あって1万円強の出費は正直、痛かった(==;;;

>DAYチケット(マスタークラス3枚セット) 13,000円
… orz ホントキツイッス

10:30~開場ということなので、その辺りでビックサイトに着いたら
もう結構並んでましたね~
でもチケットを買っておいたためか、スムーズに会場には入れました
問題はクロークが無いので、コートを持ったままか着たままって辺りですか
コインロッカーは速攻で埋まってたしね。
ライブ!


取りあえず、開場を一周してから(驚くことに呑みませんでしたw)
マスタークラスの一回目「山崎蒸留所」に行って来ました
場所がわからなくてプチ遅刻してしまいまいたがー

んで、出てきたのか、樽に拘った以下のウィスキーでした
「山崎・パンチョン」「山崎・バーボンカスク」「山崎・シェリーカスク」
「山崎・12年」「山崎・18年」「山崎・1984」
山崎


「山崎・シェリーカスク」が美味しかったかなーフルーティーな香りで
ああ、1984は別格ですので~^^
12年と18年とで実はブレンドを変えているとか
それぞれの樽の違いとか、色々面白いお話が聞けてよかったです。

その後は会場に戻って左回りに呑んで行こうと
SAMWOOD => Berry Bros.& Rudd => TOMATIN って順番で呑んでました
地ビールのブースもあったのですが、チケット制なのと
ビアフェスタで呑んだ銘柄だったので今回はパスしました。

基本、呑み放題なのですが、一部の銘柄とかビールなんかは
チケット制だったんですね
入り口脇でチケットを買いコレなら1枚で一杯とか5枚で一杯とかそんな感じ

結構な人数が来ていましたが、開場が広いのと
去年の恵比寿であった「ジャパンビアフェスティバル」を経験してると
「どうってことないって」気分になりますねw
もう色々、判断基準が壊れてる気がします^^;

普通に込んでましたし、まっすぐ歩けないですけど
目的のブースにたどり着けないということは無いレベル

気になったのは、みんな摘みも食べずに呑んでる所
みんな酒強いなーと思いましたが
それとも他のイベントで堂々とつまみを広げている参加者がおかしいのか?
つまみ持込禁止の文言は無かったので
オイラは、仙台で買ってきた牛タンジャーキーを食べながら呑んでました
#匂いが無いことと、ポッケに入れられるという所でのチョイス

ミネラルウォーターはありましたけど、つまみ系のブースは
1箇所だけだったような?
葉巻のブースが会ったのは何気に興味深かったです
酔っ払ってしまったので見てくるのを忘れましたけどw
SAMWOODは面白い所だったなー
樽ごとに個性が違うので、樽ごとに違う銘柄で出しているとか
そのため同じ銘柄の酒はその樽のみって話
通販とかしてないって事だったんで、近所の酒屋に相談してみるかな
ウィスキーに強い酒屋ってあったけ?開拓せんとなー

で2回目のマスタークラス「白州蒸留所」に
出てきたのは「白州・バーボンカスク」「白州・ヘビーリーピテッド」
「白州・12年」「白州・18年」「白州・25年」
白州


18年が良かったなかなーと思ってみたり
バーボンカスクとヘビーリーピテッドはちょっときつかった気がする
まぁこの時点(14時)で、いい感じに酔っ払ってる訳で^^;;
そろそろ、香りに関してはいい加減バカになっております

また会場に戻って、呑み続けw
TOMATIN => BRUICHLADDICH => GLENFARCLAS
って呑んだ所で3回目のマスタークラスの時間に
最後のマスタークラスは「トマーティン蒸留所」でした
トマーティン


もっとも、ココでは記憶がありませんw
ええ、この時点で16時ですから、いい加減だもうダメ人間ですよ^^;;;
たしか、飲みきれなかった記憶はあります
もう限界ってところですかね

基本的に右から左までって感じでローラー作戦ですから
まぁ、当たり前ですかー
どの銘柄が良いとかの事前情報無しだし
日本酒みたいには行かないわな

仕方ないので、休憩もかねてレストランでお昼ご飯を食べて一休みです
#前売りチケットには昼食の割引券が付いているのです

その後は、Ichiro's Malt を飲んだ辺りで限界かなーと思いました
埼玉かどっか、関東近辺に蒸留所があるんだー美味しいなー
って思ったのだけは覚えてますw

この後、何種類か飲んだ後に休憩室で沈没…
気がついたら閉会の18:30でしたとさ

ほんと、何種類呑んだんだかわかりませんぜ
1銘柄1杯って感じで飲んでたんですけど…
それも、ワンショットグラスだと底から3~4ミリぐらいな量なんですけどね
半分も回れなかった気がする

なんにせよ無事に家に帰れただけでよかったです
んで、翌日は酷い二日酔い状態でした
来年もし参加するとしたら、月曜日は絶対に休む!!

洋酒は体に合わんのかネェ

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。