スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008夏休み旅行8日目

ティッシュが無かったので、トイレから紙を拝借
ええ、鼻水は止まる事を知りません(==;;

んで、おおわに山荘の温泉ですが外来者にも開放している湯船と宿泊者専用の湯船の
2種類があります、当然両方とも入りました
透明なさらっとしたお湯ですね~
もっとも、疲労の極みでそれほど味わえませんでした
風呂に入るにも体力使うんです、もうヘロヘロで・・・・

体調も優れない上に、天気図を見るとどうやっても
秋田~岩手で雨に降られるのは避けようも無い感じで動きたくない気分で一杯ですが
流石に懐がさびしいのでもう一泊とかは無理なわけで~仕方なく出発
それでも、花輪SAまでは雨に降られる事も無く、給油を済ませて
おれっちのバイクは大体200キロで給油タイミングなので
どこら辺で止まるかを考えたり、休憩箇所や道路状態の確認など

で、SAを出発して直ぐに大雨に遭遇
三日目の長野に匹敵するほどの大雨でしたねーもう雨粒が痛いの何の
それも岩手の中ごろを越える頃には収まりまして、長者原SAまで一気に走り抜けました
もうねぇ、腰が痛くて死にそうになりましたけど(==;
途中で休憩入れようと思ったのですが
雨を降らせそうな低い雨雲が、右手から迫ってきていたので
休んでるとまた雨に降られそうな気がして休憩する気になりませんでした
それでも宮城県まで来たら流石に雲も遠ざかり、少しは休んでられるかなと

そんな訳で、お昼御飯ですが
仙台だし牛タンだろ?と思ったのですけど、メニュー見て気が変わりました
「宮城のふぐ御前」を頂きました
河豚


おいしかったわー
牛タンは出店で串焼きがあったのでそっちで頂きました ( ゚Д゚)グラッチェ
お土産とかを買って、しばらくベンチで休憩してから出発です

その後は雨に降られる事も無く、7時ごろには佐野SAにたどり着きました
腰とか痛すぎたので、サロンパスとかもって来ればよかったとかなり後悔したり
佐野ラーメンで空腹を満たしてからまた出発
あちこち痛いので、SAやPAで小まめに休憩をしながら
無事日が変わる前に帰宅が出来ました^^;;;

青森⇔東京は、1日で踏破する距離じゃねぇなぁと思ったデス
大型なら話は違うのかな、
200キロ巡航とかだしなあっちは。。。

さて、あちらこちらで温泉に入りまくったわけですけど
個人的な順位的にはこんな感じかなーと
1:温海温泉(4日目宿泊地)
2:男鹿温泉(6日目宿泊地)
3:やまなみの湯(1日目宿泊地)

やまなみの湯は近いし、また今度行こうかな
今度は初日に秋田まで行って、帰りの途中で数日宿泊とかの感じで考えても良ですね
秋田道があるんだから、なにも好き好んで仙岩峠ルートでも無くても良いんだし
今回の走行距離は2千㌔は越えてるかと思う
出発前でオイル交換まではまだまだ先だなーと思ってたのが
もう交換距離、3千キロに達してますので
正直、もう忙しい旅行は止めてまったりしたい気分で一杯になりました^^;;;
スポンサーサイト

2008夏休み旅行7日目

部屋にティッシュが備え付けられている事がこんなに有りがたいとは思いませんでした
鼻水が止まりません。。。。
おまけに天気予報では午後から雨、
日本海側から雨雲が押し寄せてくるが衛星写真でよく判ります(==;;

で、今日の目的地は十和田湖です
取り合えず黄金海岸経由で青森を目指すルートは体力的に無理なので、
東京への帰りルートを意識して、少しでも内陸の東北道自動車道方面に寄っておこうと
後はここまで来たならせめて青森県に行っておきたかったw
特に意味は無いんですけどね~
いままで行ったことが無かったから^^;

ま、どちらにせよ能代までは出ないとならないので
海沿いルート(メロンロード?)とやらで北上します

能代

ふと、海沿いに出てみたら風力発電機の列が、何気に壮観です
何故に砂丘温泉なのか判らない温泉の脇を越えて、風の松原に~
もっとも目的地は違いまして「旧東大ロケット実験場」に行って来ましたw
事前予約とかしてなかったので施設の前を通っただけですけどね
他にも 近くに(?)ロケット燃料燃焼試験場とか有ったりします
う~ん、今度は予約して施設見学したいところですわ^^

低い雲を見上げなが国道7号線を大館市方面に登っていきます
道の駅たかすのすで雨雲に追いつかれて
雨具装着、ついでにお昼御飯で獅子唐ラーメンなるものを食べました
麺に獅子唐が練りこんでるとかなんとか、ほのかに香りがある以外は普通のラーメンでした
辛くなかったし(’’;

雨には降られましたが、走ってるうちに止んだり、ふっててもそれほど強くは無く
小ぶりぐらい、まぁありがたい事です。
途中に大湯環状列石という魅力たっぷりのスポットがあるんですけど
時間の都合でパス、どう考えても6時までに宿に着けるかも微妙だったしさ
せいぜい出来るのは途中のコンビニで見つけた
もやしもんムキュムキュマスコットpart2ぐらいなものです(^^;;

十和田湖

という訳で展望台から眺めた十和田湖
まだ紅葉は始まってませんでした、気温からして一週間ぐらい早かったカナと

むっちり

せっかく来たので、シンボルの乙女の像を見物~
思わず「むっちりして行ってね!!」と思いました
まー肉付きが良い方が、描くのも作るのも楽しいしねー
神社にお参り後、酒屋のお婆ちゃんと楽しく話していたら、いつの間にか5時近くに
うわー時間厳しいわー
余裕があったら温川温泉に入ろうとか思ってたんですが
そんな余裕は無いので一気に大鰐温泉を目指します
国道102から454号線に抜けていく感じです。峠を2個越えていくことになるのかな
とにかく急いでいたのもあって、途中の景色とか気にせずに走り抜けます
もっとも日も落ちたので景色も何も無かったですけど
それでも454号線から眺めた市街地の夜景は綺麗でしたね、石黒市の夜景でしょうかアレは
雨も止んでましたので、空気が澄んでたのかものすごく綺麗に見えました。

道がよく判らずに迷った挙句に、今日の宿「国民宿舎おおわに山荘」に到着です
今日は6時30分の到着
急いで、お風呂に入って夕食です
昨日に引き続いて、普通に豪華な料理でした美味しかったです
写真は撮り忘れたようです、よっぽど疲れてたのか。。。
もっとも、食べ終えた後はおなか一杯になり、即ダウン
疲れすぎなのかもしれません(==;;

2008夏休み旅行6日目

朝から鼻水が止まりません。。。
咳も酷いし、熱は無いと思うけど、風邪ですかね(==;;;
取り合えず朝食を~ここの朝食はバイキング形式で和食中心でした
けっこう美味しかったです。
またチェックアウトが11時というのも嬉しいところ
隣のビルにあるお土産屋で買い物してからでも余裕で荷造りできます
取り合えず、今日は男鹿半島を回ろうかと
本当はもっと先まで行き、白神温泉まで行けたらと思ってたんですが
ちょっと無理っぽいので弱気で^^;

この日は実に良く晴れたんですが
気温は低めで20度行かなかったデスね19~8度位だったかな、あとは風がけっこう吹いてまして
思い切り夏装備だったのでちょっと、いや、かなり寒かったです
んで、風邪悪化、もうねぇ馬鹿かと・・・
暖かければ最高だったんですけどね

いつものように何も調べてなく、と言うか前日に決めたルートなので
取り合えず道の駅てんのうで情報収集
ついでに今夜の宿で飲むお酒を入手
なにやら菅江真澄の道探索コースとか有りましたが
流石に全部は回れないな~と面白そうなところだけ確認して出発です。


猫

国道101線から、おが潮風街道に入って暫く進んだ辺り
鵜ノ崎海岸で鬼の洗濯板みたいな海岸の写真を取っていたら
周囲になにも無いのに毛並みの良い猫発見
ミーミー言いながら寄って来たので、暫く遊んでました
どこから来たんだか

ゴジラ岩

さらに街道を先に進んで、ゴジラ岩の辺りで
写真だといい天気ですが、冷たい海風が結構強めで
海岸絶壁上のカーブとか真面目に恐かったです
かなり急勾配の坂道も多いし、地元の人は冬場どうしてるんだろうかと
ぜったい凍結したら登れないと思うんだが。。。
ところで海側からはいろんな奇岩が見れたりするらしいですが
かなり必死に走っていたので、気が付かず
まぁ次回は遊覧船も良いな


赤坂神社五社堂への参道
鬼が岩を積み上げて作ったとか伝説があります、石段は千段あるとか言いますが
コレ階段じゃネェよ
普通に自然石積み上げてるだけだし
えらい登りにくし、とにかく段数とか数えられないから!

五社参道

ヒーヒー言いながら、それでも登りまして、ええ、運動不足です
んで、五社です、なんか違いますね
会社の人に見せたら「東南アジアのどっか?」とか言われましたけど
確かにあちらにはこんな感じで、社が並んでる光景が

五社

その後は街道を戸賀湾方面に走り抜けます
戸賀湾にある雄和丸の店と言うお店で雲丹丼をと思ったんですが
雲丹の禁猟シーズンだったので駄目でした_| ̄|○
9月頃から来年の春過ぎまで禁猟とか何とか
まぁ仕方ないので、海鮮丼(お任せ丼)頂きました

男鹿昼ごはん

おなかがくちくなると、もう動きたくないw
日向で暖かいし、疲れたわで誘惑強すぎです
とりあえず、土地勘が無いので
お店の人にここから入道崎までの道順とどれぐらいの距離か聞き
その後のルートなどを考えて出発
できれば同じ道を通らないで、回りたいしね~

事前に聞いておいたために、道に迷わずに、男鹿半島の先端、入道崎に到着です
訪れる前に「東尋坊より迫力があるよ」とか言われましたけど
東尋坊は安山岩柱状節理が凄いのであって
見るべきところが違うんだよなーと
風が強かったのもありますが、たしかに荒波は凄かったです
あと海岸の感じが、もろに刑事物で出てくる東北の海岸のイメージにぴったりです
実際ロケ地なんじゃなかろうかと・・・・

入道崎

列石状のは緯度線を示しています
ちょうど交差するコトロみたいですね
寒かったのでお土産屋で飲ませてもらった昆布茶の美味しかったこと
でもその後に黒い塩アイスなる怪しげなものを見つけてしまったので
この寒いのにアタックです、まぁ当然ですね
黒い塩ソフト

んで、黒い粒粒が塩なんですが、どうも竹炭(?)らしい
それを除けば普通のソフトクリーム、塩ソフトとか
予想外に普通に美味しくてがっかりw
その後は八望台からの景観を楽しんでから真山神社へ
参拝後、さらに奥にのみる参道を発見したのですが
流石に真山の頂上とか、5時ごろから山登りは無理なんで
そもそも、体力的にもう駄目です。。。
なまはげ資料館で座ったとたんに寝に入るほどで、頭も痛いし

そんな感じで、ぼんやりと境内を散策していたら
売店に巫女さんの姿が!さっきまで居なかったのに・・・
せっかくなので絵葉書を買いました
きっと熱の見せた幻覚だねw

で、今日も6時ごろに宿に到着
今日は「国民宿舎男鹿」です。平日なんで普通に取れました
温泉街を散策とかそんな余裕はありません
8時までに食堂に行かないと食べれないと言う罠が
な訳で先ず食事前にお風呂~
ここも湯船は1つしかないんですが、お湯が素晴らしいうえに
24時間入り放題(朝方掃除の時間を除く)なのが嬉しいですね
ちょっと黄色身がかったお湯でした
温度はちょと高めかな、でも外気が低めだったので丁度いい塩梅です。

男鹿晩御飯

んで今日の夕食~
うん、普通の豪華な料理って感じかな悪くないですね
予約メニューとかは頼みませんでした、だって普通に食べきれないので^^;;;
最近は小食なのですよ
この量でもおなか一杯で、部屋に戻ってからは速攻で倒れました
もう疲れたよー

2008夏休み旅行5日目

7時頃に起床して、取り合えず朝風呂に入ってから
名物という朝市を見物~
まぁバイクなのでそんなに何かを買うとか出来ないんですよね
基本、常温保存OKな物だけ
いろいろ漬物とか貝とか美味しい物がありましたが、残念です
(飲み歩きで皆に振舞いたいものが幾つか、貝なので無理ですけどー)
笹川流れの塩とか書いてあった塩と飴を買いました。
食塩は寝落ちマンに上納しました、きっと美味しい料理に変わることでしょうw
今度の味王の料理に乞うご期待です^-^
飴に関しては、妖子姉亭にとまった翌日辺りからから喉の調子が悪く
風邪ひいたかな~と思ってまして、のど飴は無かったので、へそ飴というのを買いました
この飴がまた美味しくてね~

その後は出店のお婆ちゃんと世間話したり
お婆ちゃんの地元語はマジで判らなかったわ
まぁ、山梨でも年寄りの方の言葉は判らないのが多いけど、
何気に別の土地に来てる感がしました

買い物後は温海川沿いを散歩したり、足湯に浸かっていたりすると
いっそのこと、このままもう一日留まりたくなる・・・
そうも言ってられない訳で。。。
数日ノンビリとしていたい、そんな所です

ゴロゴロとしたい気持ちを抑えて、公衆浴場の外観だけ見てみて出発です
(どんぴしゃで掃除時間中だったので中は見れず^^;
取り合えす、立岩海底温泉に寄って入浴
この温泉は以前来た時にも入ったんですけどね
内装とかはあまり変わって無かったですけど
前に来たときには無かった石鹸が装備されてたりとか、
時代の流れを感じましたがお風呂のお湯は変わらず暖っまらせてもらいました。

温まった後は、低い雲の下を、ひたすら国道7号線を北上です
途中で休憩もかねて「旧青山本邸」を見学しました
吹きガラス(?)の窓が良かったな、水底から枯山水の庭を見ているようで
水が無いのに、水の存在を意識するちょっと不思議な感じ
まぁ、水ガラスって言葉もありますし
古いガラスにはもう再現できないのも多いと聞きますけど
やっぱ古い時代のが良いな~と思った次第です。

道の駅鳥海ふらっとに到着した辺りで雲行きが怪しくなりまして
天気予報で12時頃に雨が降り出すのは判っていたので、雲を見ながら雨具装着
対処できたのは良いんですけどね・・・
ほんと最近は便利になりましたな、旅先で衛星写真が見れるとか、
降雨レーダー情報が見れるとか
これだけでも、モバイル環境の有り難味が実感できたわけですが
手早く芋煮で感単に昼飯をすまして、豪雨の中出発です

ここでの本題は鳥海山です
前回、日本海沿岸を走ったときはSR400に乗っていた頃だから7年前か?
その時もやはり雨で、姿を拝むことはできなかったんですよね~
んで、今回も雨で拝めませんでした
どうも嫌われているようです(==;;;;

鳥海山「あなたに見せる姿なんて無いんだからね!」
鳥海山「あんたなんかずぶ濡れになればいいのよ!!」
鳥海山「この変態!変態!!変態!!」(画像省略)
うは。。。ツンしか無いですけどぉ(、、;;

まぁそれはともかく豪雨の中、永泉寺に行ってきました
ここは前回も来たかな?
個人的に好きな雰囲気なんですよね~苔多めで
雨宿りしてるだけなのもアレなので集中豪雨のなか山登りして石造九重層塔を観てきました
塔の近くにあったお堂で雨宿りをしながらの写真です。
永泉寺

携帯をG'zOneに替えていて本当に良かったと思いました
雨の中でも気にせずに写真が取れるw
防水とは素晴らしいものですぞ^^
永泉寺2

その後は落伏清水を汲んで出発です
集中豪雨も1時間ほどで落ち着きまして、その後は小降りな感じですか
酒田街道とか晴れていたら爽快なんだろうな~と思ったら
地図に「晴れならなお良い」とか昔のコメントが書いてあった
まぁ前回は秋雨前線が停滞してたしねぇ(==;
酒田街道


道川駅をすこし行ったところに有る、日本ロケット発祥の地に寄って
ここも前回も来たかも知れない。。。
昔の写真は何処にしまったか忘れたし、出すもの面倒
黒歴史のHPの残骸なんぞサルベージする気にもならん。。。
取り合えず、日本のロケットの歴史はここから始まったんだなーと
時期が時期だけに、何も無かったですね^^;;
日本ロケット発祥の地

その後、無事秋田市街地に到着
今日の宿は駅近くの「ドーミーイン秋田」です
両親が以前宿泊して「良かったよ」との事だったので
駅から近かったり交通の便とか良いので使い勝手は良いかと思います
部屋の設備も備品も良いし、値段もそこそこだし
コインランドリーも乾燥機付きであるし
マンガの蔵書もそこそこだし
だけど、温泉(?)が惜しかった、露天風呂があるのですが
ビルの屋上で風が気持ちいのは良い、だが塩素の匂いが。。。
その点を除けば、サウナも水風呂も上がり湯もあったので高得点なんだけどね。
もし次回秋田に行くことがあれば、また利用するかな

さて、山梨を出る前に妖子姉から天河さんから送られてきた月餅を渡されました
なんでも台湾では中秋の名月の頃は一家団欒の時とか何とか
そんなわけで、月餅はお婆ちゃんと親戚の叔父さんたちと一緒に頂きました^^

2008夏休み旅行4日目

翌朝、雨は上がっていたのですが、空は曇り空
ウェザーニュースのアメダスで見ると、長野県に雨は降ってないですが・・・・
実に怪しいですねw
という事で、雨具装備で出発したら、妙高SAを越えたところから雨に振られまして
ええ、今年は雨に呪われてるなぁと
それでも上越に近づいたころには晴れ上がり実に快適になりました

これですよね~9月ごろのツーリングってのは^^
米山SA

米山SAからの一枚
この青空!すがすがしい空気!!

んで、前日調子の悪かったバイクですが、天候のすぐれない長野を走ってる間は
終始調子が悪く、アイドリングが低めだったんですよね・・・・
いっそ高めに調節しようかと思ったほどに
それも新潟走行中に元の調子に戻りました、古いバイクだから雨はキツイノカナ?
とりあえず新潟に入った辺りで昼御飯
妙高SAで、もずく蕎麦なるものを頂きました
さらしそばの中にある黒い筋がモズクのようで腰の有る美味しい蕎麦でしたな
寒かったのもう一品かけそばを
「熱いところを貰おうか。おっと、葱抜きで(ry」

とりあえず、新潟まで高速で行き、そこから国道7号線で北上というルートです
自分の持っている地図が古すぎて新潟より先に高速が伸びているのに気が付かなかっただけなんですけど
以前は新新潟空港までだったのが中条まで伸びてたんですね
まぁ、そんなに時間かからないかなと思ったのと、
途中で道の駅に寄るのもいいかなーってね
新発田 => 中条 => 村上と進みます
決して、陣取りじゃないですよ?
まぁ覚えやすいな、とは思いましたが^^;;;

途中、休憩した道の駅豊栄でダチョウを育てているところがあり
どんなもんか見て来ましたけど
鶏と一緒に飼われてるせいかも知れませんけど、ダチョウってでっかい鶏ですねw
行動が同じで面白いわー
ダチョウの肉は売ってなかったかな、売ってたら買ってるはずだしw
まぁダチョウはみてて面白かったです^^

その後、村上でサーモンパークなる所に行ってきました
別にどんな所か下調べして行ったわけでなくて、
地図に書いてあったので行ってみただけなんですけど^^;;

ところで、村上って良い感じの街ですね~
街角に布袋様(?)が並んでたり、古い街並みが残っていたりして
今度ここら辺に限って旅行に来ても良いかも
などと上田旅行の時と同じ感想を書いてみるw
それはともかく、地図でサーモンパークと書かれていた所に有ったのは
イヨボヤ会館なる、展示館(?)ここは中々に面白い展示内容でした
三面川の分流を直接観察できたり
鮎

なぜかアユが居ました
動きが速すぎて、携帯では上手く撮れませんでしたが
鮭の遡上の頃にきたら壮観だろうな

時間が厳しかったので、駆け足で展示を見てから
となりのお土産屋で飲み歩きの食材を選びつつ
鮭の皮煎餅なる珍品をゲットしたり、買い過ぎに注意しつつ
新巻鮭一本とか、塩引き鮭半身とかインパクト狙いの誘惑がぁぁぁぁぁ^^;;;

そんな買い物終了後は、即座に出発、時間は押しているのです
国道7号をそのまま北上すれば目的地に着くんですが
おれっちはそこまで地図を確認してなく
普通に海沿いの道、国道345号線で笹川流れに突入しました
(この部分の国道7号沿いは山間ルートで海沿いではない)

村上
岩ヶ崎を越えた辺りから

こんな感じです
夕日がいい感じですね、この時期関東はまだ刈り入れしてませんでしたが
ここら辺は刈り入れしてるんですね、しかも天日干し(@@;;
実にのどかな光景が広がっております。

笹川流れ

のんびり走りながら景観を楽しみつつ、写真も撮りつつ
前回ここを通った時は曇り空or雨だったので
ぜひ今度は晴れてる時に走りたいな~と思ったものでしたが・・・最高ですね(´∇`)
今度は泊まりで来たいな^^

この時点で5時過ぎ、宿には6時着の予定(遅れる連絡はしてるけどね)
時間が厳しかったので
いろいろ面白そうなところを横目で見つつ
製塩所とかが結構ありましたねー
時間が遅かったから見学できるか微妙だったけど見てみたかったです。
とりあえず、後ろ髪を引かれつつも、今晩の宿の温海温泉を目指します
目標地を温海にしたのは、たぶん今日の移動距離の限界だろうと思ったから
もし、早く到着すれば4時頃だろうと、それなら立石温泉に寄っても良いし
遅くなっても6時頃には着くだろうと思っていましたが、見積もり甘すぎですね
それでも、なんとか6時には到着することが出来ました(><;;

この日の宿は「旅館かしわや」に泊まりました
HPの印象だけで決めたんですけど、和風な造りで良い感じ
1人で泊まるのは広すぎる部屋でしたが、ゴロゴロできて何よりです
道路に面した部屋だったんですけど夜も静かで快適でした
また窓から入って来る風が気持ちよくて、湯だった体に気持ちよかったです。
んで、お風呂ですが~とにかくお湯が良かったです
お風呂は、こじんまりとした深めの湯船で
いろんな種類の湯船が無くても、お湯が良ければそれだけで十分ですよね~
ちなみに温泉を飲んでみた感じは、薄味の昆布茶みたいな(謎
結構、硫黄臭はしますね、おれっちは好きだから良いけど
なんにせよ、24時間入り放題のお風呂は良いね^^

風呂で汗を流したら夕食です
蟹キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !
ふふ、一人で食べるには豪華すぎますね、おすそ分けしないと
と言う訳で写メールしまくりましたw
温海夕食

ちなみにこの近辺でも鮎が獲れるらしく
別の宿では遊魚権とセットのプラントとかもありまして
心の底で鮎が出てきたらどうしようと思ってましたが^^;;
海の幸中心で美味しかったです~
というか、量が多すぎてまたしてもダウンw
酒飲んでる余裕無いですわー

その後は風呂に入ったり、この記事の下書きしたり、
しながら夜が更けていくのでした

2008夏休み旅行3日目

前日は晴天だったのに、夜が明けてみれば、集中豪雨です
夜半からポツポツとは降っていたのですけど、どこから湧いて来たんだこの雨雲って感じで
もうねぇ、あまりの酷さに城に行くのは中止で撤退です
11時頃までホテルでまったりしてから出発
岐阜駅から帰るメンバーを送って、残りのメンバーは中央高速で帰還
帰り道の休憩でマヨネーズ羊羹なる逸品をゲットして
ツンデレさんに押し付けたりしながら帰りました。
ぐぐってみたら出てきた・・・罰ゲームセットって何だよ(汗

この日は、明日の行程を考えて出来るだけ移動する予定でした
もっとも泊まれる所の関係で
頑張って更植、最低でも松本までは進めておきたいと思っていたのです
妖子姉宅に着いたのが5時前だったので、余裕で更植かな~と思いながら
荷造りして出発しようとしたところ

エンジンが回りません(焦

えええ、前日にガソリンが無くなりけたのでリザーブに切り替えたのですけど
まだ残ってる筈で、実際車体を揺らせば、残っていることは判ります
もう何が何やら判らないので、某兄貴に電話するも応答なし
望月の旦那は仕事で出れないと。。。
仕方ないので、赤い男爵に来てもらいました
全国チェーンの有難味ですね~どこに行っても何とかなる所が
んで、バイクと一緒に引き上げて貰い
おれっちは治らなかった場合の宿を探しつつ、展示されているバイクを眺めたり

一時間ほどしてなんとか治りまして
主任の人いわく、
「タンクの中に水が大量に入っていた」とか、「残量ガソリンの半分位水だった」とか
そんな・・・・・(‘‘;;
まぁ確かに、金曜日は妖子姉の極意発動で大粒の雨の中を突っ切ってきましたが
ガソリン注入口の上にはタンクバックがあったので
雨粒の直撃はない筈で、置いておかせて貰った所もガレージの中なので
金曜日の雨は関係ないと思うんだけどなぁ

とにかく、タンク内の水を除去して除水剤を入れて復旧
一度ガソリンタンク内のガソリンを燃焼しきった方がいいとのことなので
とりあえず、長野を目指す事にました。
赤い男爵の主任にまた動かなくなった場合の対処法と、長野の赤い男爵の場所を聞き
昭和インターから中央高速に乗ったのですけど
妖子姉の極意チャージが終わったのか、松本を越えた辺りから
大粒の雨が襲いかかります
あまりの激しさに、トンネルを抜けたら雨が弱まってるとか
止むとかの希望は無くなりましたね
雨粒が路面に当たって弾ける水しぶきで前も良く見えないし
気温は下がるは、疲れ果てて体力は激しく減少状態。。。。
それでも0時ごろに信州健康村になんとか到着しました
んで、ここ良いですね~駐車スペースに屋根があるだけでも高得点です^^b

冷え切った体には微妙に浅い湯船も
数十年の時の試練を潜り抜けた風格を感じさせる内装とか
微妙な努力で新しさの演出が失敗して、寂しい結果になってる壁紙とかでも
室内着の柄が恥ずかしかったりしたとしてでも
なにより暖かいお湯が有りがたいものです^^;;;;
まぁ、無茶苦茶書いてますけど、ふつーの健康ランドかな
風呂入れて、携帯の充電も洗濯も出来たので大満足です。
塩風呂とか塩サウナとか面白いものも有りましたね
全体的に広めのスペースで、都内のちんまい健康ランドに慣れた身としては
逆に「がらーんとしてるなー」と思っちゃったり
空間貧乏性なのかも(==;
広々した大きな浴場だったんですけどね。

えっと、晩御飯は諏訪湖SAで食べた天ぷらそばでした
昨晩とのギャップが凄いですねー(==;;
まぁ、ここにもう少し早く着いていれば、
健康ランドの飲食コーナーで軽く呑む位は出来たんでしょうけど
到着が0時だしネェ、カップラーメンと缶ビールなら素直に寝てるよと
洗濯とかもしないとならなかったし
なわけで、休憩室で毛布に包まって寝ました。

2008夏休み旅行2日目

盛大な前振りの割には、あっさり台風直撃回避してしまい
きれいに晴れた20日・・・・
台風は明け方に東京から、ははるか彼方に
そして温帯低気圧に変わっておりました
昨日のずぶ濡れはいったい。。。。。。
しかも、後で書きますがけっこう面倒な置き土産もあったり
素直に20日朝出発にしておけばよかった、と思ったり

今回は、人数も多いのでレンタカーで行くことになりまして
もっとも運転手は変わらず寝落ちマンですけど
だって、エロ隊長は当然ですが免許持ってませんし、おれっちは車運転してませんし
残る運転できそうな人は、ユッキーか妖子姉しか運転する人が居ないことに
そもそもユッキーは点数残ってるか不安だしネェ
ええ、運転手は一人しか居ないのです(==;
そんな状態で速攻で寝に入るユッキー流石ですw
というか、車が動いてる時に起きてるところを見たことがないという徹底ぶりが凄いw

さて、おれっちは前夜に咽を痛めたりで、眠かったりで
気になってませんでしたが、運転手はかなり大変だったようで
途中、岡谷駅でツンデレを拾う際にカーナビに騙される
(えらい遠回り&待ち合わせの反対側にナビゲート、
やっぱカーナビは萌えCDがないと駄目なんだ)
などなどのアクシデントで遅れた分は
休憩は阿智PAでの1回のみという強行軍で取り戻して
まちあわせ時間には岐阜駅に到着

岐阜でモーニングセットの梯子とか理解不能の所業
(まぁ名古屋スタイルと聞いたので判らなくないですけど
にしても梯子は無いだろ、常考~)
を行った巫女隊長と藤崎さんを拾って
去年も行った観光梁で昼食です
今年の目当ては、去年大ヒットした、鮎釜飯!!


蓋を開けたときの香りが良かったんですよ~
去年は根落ちマンしか頼んでなくて、皆で群がったというほどの物です











メニューにねぇ!!!


なぜか去年無かった、カレーライスが・・・よもやスライドで!?
米物はキャパが無いので1つしか出来ないとか?
ふと、外で遊んでいる家族連れを見つつ
「ああ、お子様にはカレーだよな」と妙な納得を。。。
カレーでもいいですが、来年は新メニュー鮎カレーに期待したい

んで去年の記事で写真を載せたので今年は必要ないかなー
と思ったんですが、過去の記録は電子の海に消えてしまったんだっけ・・・・
という訳でこんなのデス
2008鮎料理


鮎釜飯消失のショックのあまり、焼鮎寿司という新メニューがあったのですが
華麗にスルーしてしまいました(==;
というか、皆「ユッキーが頼んでるはず」と思ってるところがw
(去年、おれっちとユッキーで鮎寿司を頼んで皆で食べたという過去があります)
どんだけ他人任せなんだよと
しかも奪う気満々なところが、いかにも・・・^^;

その後は、明日晴れるだろうという予想と(というか天気予報も晴れだったかな?)
山登りは明日で良いんでない?&道が狭くて近くまで行くルートが判らないなどで
城攻め(郡上八幡城)は明日に回して、
今日はお土産購入だけにしようと「水のまち郡上八幡」へ向かいます
「水のまち・・・・ベネチアか!?」
ウンディーネは居ますか?」
「むさくるしい男のなら?」
「そんな、やらないか?はイラナイ・・・」
などと腐った会話をしつつ、寝落ちマンの目的の名物お菓子をゲット

というか、人の買った代金入れた清算前の小銭受けに
「おれ、コレ2個追加ね」とか言って小銭追加するなよ!
店員さん困惑してたじゃねぇか
まったく酷い客だね^^;;;

お土産にと「清流のしずく
有名と噂の「郡上柿」を購入
んで、郡上柿は日持ちしない生菓子だったので
宿に着いたら速攻で頂きました
見た目より甘さ控えめで、美味しかったです
抹茶と一緒だったでのなおさらですね~♪
郡上柿
抹茶は宿で出していただいたものです ( ゚Д゚)グラッチェ
そのほかにも「柿あんあん」という干し柿の中に柚子餡を詰めたのもあって
これは親戚とかのお土産に~これも美味しかったな

その後は宗祇水を見に行きました
冷たくて美味しかったですが、できれば満腹時でない時に飲んでみたかった
近くに川が流れており、湯上りに散策とかも良いかもですね
宗祇水

その後はお土産屋でお土産を買ったり、今夜飲む酒を吟味したり、買い食いに走ったり
いつものようにフリーダムな空間が形成されております
まぁ後は宿に向うだけですから

今夜の宿はホテル郡上八幡
宿の名前からして、地元に昔からある大型ホテルって感じ
温泉だけの利用も可能で、かなり温泉だけのお客も多い模様ですね~
お風呂が8種類あるのが売りみたいですが
歩行交代湯、というか水風呂?、あれは数に入るのだろうかと悩んでみたり
まぁ個人的には水風呂の有無は重要ポイントですけどねー
上がり湯とかけ湯で分けてあるのは良いかな
と言う訳で個人的にはかなり満足~

んで、今晩の料理ですが、飲み放題が付いているのも関わらず
ほとんど呑んでませんw
おれっちはビール大瓶1本で終わり
とにかく料理の量が多かったです、
朴葉焼き(飛騨牛の味噌焼き)とか、鮎のつみれ鍋とか、土瓶蒸しとか
ええ、かな~り豪勢でした
郡上八幡夕食

もっとも、となりの宴会場の歌声も豪勢でしたが・・・・(;´Д`)

そんな訳で、食べすぎで倒れました
量が多かろうと、よそられた物は全て食べきるのがルールです^^
自分が倒れている間に元気な人たちは郡上音頭を踊りに行ってたりしたみたいですね~
ホテルの広間で期間中は踊れるみたいで

復活後はつんでれサン持参の馬肉や、寝落ちマンのチーズでさらに呑んだり
温泉に行ったりしてました
もっとも入浴時間が長かったり、買い物に出て戻ってこなかったりとで
おれっちが捜索されたりしましたけど~
「幼女が居たから鬼サンは危険だっ!!」
どんな要注意人物だよと_| ̄|○

まぁそんな訳で夜は更けて行く訳です

2008夏休み旅行1日目

はーい、思い切り更新してませんでした

なんて言うかネェ「夏休みボケ出来るだけの余裕を下さい」ヽ( ゚д゚)ノクレヨ
休み明け、障害連続対応とか、タスクが鬼のように降りてくるとか
もう「タスクのセルで押しつぶしてやるっ!!」って思われてるとしか・・・
まだ、始まったばかりですから良いですけど
いや、良くない!断じて良くない!!
何か去年が思い起こされますね~
かなり忙しくて、呑みに逃げたら肝臓が~
せっかくγGTPを平均値近くまで戻したのに、また上昇ですか、そうですか(;´Д`)ウトゥー

という訳で、先週末あたりから今年の夏旅行の記事などと思っていたのですが、
すっかり遅れております
その間に飲み歩きとか、イベントが有る訳で
まぁ、更新が遅くてネタ鮮度が落ちるのは、いつもの事です_| ̄|○


さて、今年の夏休みですが、もう夏とは言えない9月後半
例年のように直前までタスクが残り
というか、休み直前にキックオフミーティングとか
ええ、一週間塩漬です
この案件、9月末リリースとか別のチームから聞いてたのですが、大丈夫なんですかねw
すでに期限割れ確定と・・・・
まぁ、蓋を開けたら設計が突っ込みどころがそこらそこらに
おれっちも、何の準備もしてないところで聞かされたので確信もないし
もしそうなら全体的に修正が必要&通信要件も決まってない感じだったんで
取り合えず休み明け対応で、爆弾投下かな~と
この段階では他人事、ええ、いま苦しんでおります_| ̄|〇
まぁ、そんな訳で、直前まで準備とかしてない何時もの自分が有るわけですがね

ところで、今年の妖子姉は神がかっています
なんせ台風を呼び寄せたのですからw
直前まで奴は台湾で停滞して中国に向かう進路だったのに、
旅行出発3日前に日本に、しかも太平洋側に進路を変えやがりまして

台風13号-シンラコウ
↑参照

予報では関東再接近は20日早朝とか、電車動くかねとか、高速道路使えるかねとか
いろいろ心配だったので前日の19日には山梨入りして台風の通過を待とうかと
台風直撃の中で高速道路とか、大垂水とか嫌だったしな(==;;

準備もしてなかった状態だったので
速攻で部屋の掃除と旅の荷造りして出発です。
タンクバックが壊れるとか、例のように直前なだけに
色々ありましたわー
ジャケット忘れるとか防寒着忘れるとかさー
まぁ、いつもの事でw

出発時点では東京はまだ雨は降っても小雨
降ったり止んだりだったのですけど
山梨に入ったところで、振り始めて笹子を越えた辺りでは本降りに
流石、嵐を呼ぶ美人社長。。。恐るべし。。。。
これが新実装の奥義なのか!!!

なんせ、雨粒が痛いのなんのと、ガス欠になりかけながらも
無事に酔子姉と合流できまして
美味しい寿司屋さんに連れて行ってもらったり
いつもの様に美味しそうな写メール爆撃などしていたら
アッサリ潰れました
ええ、美味しい日本酒を頂きました^^

そんな感じで1日目は終りました

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。